おたすけ妖怪ねこまんさ

横山充男 作 ; よこやまようへい 絵

「ねこじゃら神社」といって、木でほられた、まねきねこが、神さまとしてまつられていました。ほんとうにこまったとき、さんまのひらきか、あじのひらきをおそなえしたら、ねがいを聞いてくれるらしいのです。ただし、ねがいを聞いてくれるのは、満月の夜だけ。おまけに、ねこまんさをおこらしたら、ねこにされてしまうといいます。だから、子どもたちは、妖怪だとうわさしていました。たくやのねがいを、ねこまんさは、聞いてくれるでしょうか。小学中級から。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おたすけ妖怪ねこまんさ
著作者等 よこやま ようへい
横山 充男
書名ヨミ オタスケ ヨウカイ ネコマンサ
シリーズ名 文研ブックランド
出版元 文研
刊行年月 2010.5
ページ数 119p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-580-82084-5
NCID BB03121217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21758153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想