十八世紀フランス絵画の研究  〔本編〕

坂崎坦 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 第一章 ワトーの新裝飾 / 19
  • 第一節 『シテールへ船出』 / 19
  • 第二節 ワトーの五畫風 / 29
  • 第三節 晚年の寫實復歸 / 47
  • 第四節 ワトーの技巧 / 54
  • 第五節 ワトーの功績 / 65
  • 第二章 宮廷畫家ブーシェ / 73
  • 第一節 歷史畫の凋落 / 73
  • 第二節 作品の多樣性 / 95
  • 第三節 ブーシェの生活 / 118
  • 第四節 ブーシェの藝術 / 128
  • 第五節 フラゴナールのエロチスム / 141
  • 第三章 肖像畫の隆興 / 159
  • 第一節 リゴーとド・ラルジリエール / 159
  • 第二節 神話化したる肖像畫 / 178
  • 第三節 寫實本位の肖像畫 / 197
  • 第四章 シャルダンの魅力 / 211
  • 第一節 善良、單純、敏感 / 211
  • 第二節 シャルダンの技巧 / 246
  • 第五章 グルーズの新技法 / 265
  • 第一節 風俗畫の使徒 / 265
  • 第二節 『皇帝セヴェール』の暗示 / 281
  • 第三節 一七六九年後のグルーズ / 293
  • 第四節 人物畫と肖像畫 / 306
  • 第五節 文學的表現の功過 / 314
  • 第六章 世紀の繪畫理論 / 325
  • 第一節 批評の對象『サロン』 / 325
  • 第二節 初期美術批評の二派 / 358
  • 第三節 官僚畫家の論議 / 381
  • 第四節 美術批評の確立 / 419
  • 第五節 ディドロの『サロン』を評す / 455
  • 第七章 パステルとラトゥール / 475
  • 第一節 デビュー前のラトゥールに就て / 475
  • 第二節 ラトゥールの『顏面』描寫 / 487
  • 第三節 『プレバラシオン』 / 497
  • 第四節 ラトゥールの自尊心 / 506
  • 第八章 近代風景畫の誕生 / 519
  • 第一節 風景畫の二潮流 / 519
  • 第二節 狩獵畫の背景 / 530
  • 第三節 歷史的風景畫 / 541
  • 第四節 新人ルイ・モロー / 558
  • 第九章 版畫とタピスリ / 579
  • 第一節 版畫の普及性 / 579
  • 第二節 室内裝飾としてのタピスリ / 613
  • 第十章 ダヴィッドの自然主義 / 639
  • 第一節 ダヴィッドの畫業 / 639
  • 第二節 ダヴィッドの美學 / 687
  • 結論
  • 參考書目
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 十八世紀フランス絵画の研究
著作者等 坂崎 坦
書名ヨミ 18セイキ フランス カイガ ノ ケンキュウ
書名別名 18seiki furansu kaiga no kenkyu
巻冊次 〔本編〕
出版元 岩波書店
刊行年月 昭12
版表示 第3版
ページ数 2冊 (図録共)
大きさ 23cm
NCID BN13372910
BN06788690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46057462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想