欧米映画論

内田岐三雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 前衞映畫
  • I 總論 / 3
  • I 各論-作品紹介 / 12
  • A 絕對映畫、純粹映畫 / 12
  • 「帽子」
  • 「エマク・バキア」
  • 「試作」
  • 「機械的舞踊」
  • 「幕間」
  • B 韻律的構成 / 22
  • 「機械行進曲」
  • 「メフイストのワルツ」
  • 「テーマとヴアリエーシヨン」
  • 「アラベスク」
  • 「夜に」
  • 「見世物小屋」
  • 「センチメンタルなロマンス」
  • C 物語短篇 / 27
  • 「ハリウッド・エキストラの自殺」
  • 「バルブーイエの嫉妬」
  • 「むごい物語」
  • 「小さなパレード」
  • 「陽の光」
  • D 映畫詩 / 35
  • 「小さなリリー」
  • 「雨」
  • 「秋の霧」
  • E 反商業的作品 / 40
  • 「微笑むブウデエ夫人」
  • 「運命」
  • 「日曜日の人逹」
  • 「夜の内に」
  • 「三面鏡」
  • 「フイニス・デレ」
  • 「彼の頭」
  • 「モル・ヴヲン」
  • F 實寫、記錄 / 62
  • 「時の外何物もなし」
  • 「やどかり」
  • 「巴里のハーモニー」
  • 「街の變化」
  • 「巴里に關するエテユカド」
  • 「巴里・家畜」
  • 「モンバルナス」
  • 「巴里中央市場」
  • 「鐵工場」
  • 「ニースに關して」
  • G 超現實主義映畫 / 72
  • 「貝殼と僧侶」
  • 「ひとで」
  • 「骰子の一振り」
  • 「眞珠」
  • H 「アンダルシアの犬」 / 79
  • I 「黃金時代」 / 90
  • J 「時人の血」 / 114
  • 第二篇 ルネ・クレール
  • その藝術と足跡 / 131
  • 補遺 / 151
  • 「イタリーの麥稈帽子」 / 151
  • 「二人の臆病者」 / 153
  • 「巴里の屋根の下」 / 155
  • 「ル・ミリヨン」 / 161
  • 「最後の億萬長者」 / 165
  • 第三篇 アメリカ映畫
  • I アメリカ映畫の動向 / 181
  • A ギヤング映畫 / 181
  • B 暴露映畫、恐怖映畫、政策映晝、その他 / 202
  • C 映畫淨化十字軍 / 213
  • D 音樂映畫 / 221
  • E 「Gメン」映畫 / 236
  • I アメリカ映畫の斷面 / 239
  • A アメリカ映畫の虛僞 / 239
  • B アメリカの劇場と觀客 / 247
  • C 演劇人の映畫入り / 255
  • D アメリカのシヨウ / 258
  • E オールド・メロドラマ再興 / 262
  • 第四篇 歐米映畫雜記
  • 「ラ・バタイユ」をめぐつて / 267
  • 輸出ニユース映畫の問題 / 274
  • ラインハルトの映畫觀 / 281
  • ドランの映畫觀 / 285
  • フランスに於ける映畫人失職 / 287
  • 僕の觀た映畫 / 290
  • 「トニシュカ」(チェッコ)
  • 「エロチコン」(チェッコ)
  • 「マルーシア」(ポーランド)
  • 「呪はれた村」(ベルギー)
  • 「クレプケンス一家」(ベルギー)
  • 「きれぎれ草紙」(スウエーデン)
  • 歐米映畫監督素描 / 305

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 欧米映画論
著作者等 内田 岐三雄
書名ヨミ オウベイ エイガロン
書名別名 Obei eigaron
出版元 絢天洞
刊行年月 昭和10
ページ数 328p
大きさ 19cm
全国書誌番号
47038333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想