貨幣と景気変動

エフ・アー・ハイエク 著 ; 豊崎稔 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 著者序言 / 1
  • 譯者の言葉 / 13
  • 第一章 貨幣的景氣理論の發展過程 / 19
  • 第一節 貨幣的景氣理論の現狀 / 20
  • 第二節 第一發展階梯 / 23
  • 機械的數量說 / 23
  • 第三節 機械的數量說の必然的結果 / 26
  • 第四節 第二發展階梯 / 32
  • 貨幣數量變動の連續的影響說 / 32
  • 第五節 第三發展階梯 / 37
  • A 貨幣數量及物價變動の利子說
  • B 貸幣數量資本形成說 / 47
  • 第六節 連續的影響說と資本形成說との近代的綜合 / 52
  • 第七節 第四發展階梯 / 57
  • 第二章 生產手段と消費財貨との生產均衡の諸條件 / 67
  • 第一節 生產量變動の諸原因 / 68
  • 第二節 不充用生產力存在說 / 69
  • 第三節 生產の資本家的構成變動說 / 71
  • 第四節 資本家的生產の圖式的說明 / 73
  • 第五節 生產行程の分割 / 79
  • 第六節 生產手段需要と消費財貨需要との關係 / 84
  • 第七節 節約の影響 / 89
  • 第八節 生產信用に據る貨幣量增加の影響 / 94
  • 第九節 消費信用に據る貨幣量增加の影響 / 101
  • 第十節 諸假定の制限 / 102
  • 第十一節 完全な立體的集積の場合の關係 / 104
  • 第十二節 企業の結合及び分裂の影響 / 109
  • 第十三節 貨幣取引と財貨の流れとの關係 / 111
  • 第三章 景氣循環過程の價格機構 / 115
  • 第一節 價格推移の本質 / 116
  • 第二節 特殊的生產手段と非特殊的生產手段 / 118
  • 第三節 利子率と價格の開き / 119
  • 第四節 新節約投資と價格の推移 / 123
  • 第五節 貸付利子の役割 / 130
  • 第六節 付加的生產信用の影響 / 132
  • 第七節 消費財貨需要の相對的增加の影響-恐慌 / 141
  • 第八節 不況期に於ける付加的信用の影響 / 151
  • 第九節 結論 / 155
  • 第四章 貨幣流通の彈力性 / 157
  • 第一節 貨幣數量固定說 / 157
  • 第二節 貨幣數量生產適應說 / 160
  • 第三節 貨幣數量の實際的變動の原因 / 163
  • A 國際的貨幣移動 / 163
  • B 特定貨幣の需要の變動 / 166
  • 第四節 非銀行的流通信用の重要性 / 168
  • 第五節 貨幣數量固定の可能性 / 171
  • 第六節 貨幣取引系數變動の意義 / 175
  • 第七節 續き / 177
  • 第八節 流通速度變動の意義 / 181
  • 第九節 貨幣數量生產適應の困難 / 182
  • 第十節 緖論 / 185
  • 人名索引 / 190

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 貨幣と景気変動
著作者等 Hayek, Friedrich A. von
Hayek, Friedrich August von
豊崎 稔
エフ・アー・ハイエク
書名ヨミ カヘイ ト ケイキ ヘンドウ
書名別名 Preise und Produktion

Kahei to keiki hendo
出版元 高陽書院
刊行年月 昭和9
ページ数 192p
大きさ 19cm
NCID BN05788006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47030113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想