日本文学史

カール・フローレンツ 著 ; 土方定一, 篠田太郎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 原序 / 1
  • 古代
  • 古代文學 / 9
  • 一 日本に於ける支那語と支那文字の移入 / 11
  • 二 古代詩歌 / 26
  • 講成要素と一般的特徵 / 26
  • 日本詩歌の外的形式 / 34
  • 古代日本詩歌に現はれた修飾手段と譬喩 / 44
  • 三 古代の散文 / 72
  • 祝詞或ひは神道祭詞 / 72
  • 前期古典文學 / 87
  • 四 佛敎及び支那文化移入の最初の成果 / 89
  • 六 奈良時代の國文 / 107
  • 宣命 / 110
  • 古事記 / 119
  • 風土記 / 129
  • 氏文 / 133
  • 六 日本詩歌の最初の開花期 萬葉集 / 135
  • 一般 / 135
  • 萬葉集に於ける詩の年代 / 138
  • 萬葉集の標題、編纂、編纂期 / 143
  • 萬葉集の詩の種類と配列 / 148
  • 記述方法、原典史 / 153
  • 特徵、文學の飛躍の基礎 / 156
  • 詩人とその詩 / 166
  • 中世
  • 古典性の時期 / 203
  • 七 九世紀に於ける支那文學の全盛 / 205
  • 八 文學に於ける國民精神の反動 / 217
  • 九 平安時代の古典的抒情詩 / 226
  • 古今集とそれにつづく勅撰集 / 226
  • 一〇 古典時代の散文 / 250
  • 一般、歌序 / 250
  • 一一 古代の物語 / 258
  • 竹取、伊勢、大和、堤中納言、落窪、住吉、取りかへばや、宇津保 / 258
  • 一二 日記文學の發端 / 286
  • 貫之の土佐日記 / 286
  • 一三 文學に於ける女性 / 297
  • 女性の日記類 / 297
  • 一四 女流文學の全盛期(上) / 311
  • 紫式部と源氏物語及びその模倣 / 311
  • 一五 女流文學の全盛期(下) / 332
  • 淸少納言とその寫生帖、枕草子 / 332
  • 一六 平安時代末期の歷史物語の端初 / 346
  • 榮花物語、大鏡、水鏡、今鏡、今昔物語 / 346
  • 一七 平安時代の國民的文學 / 369
  • 神樂歌、催馬樂、今樣歌 / 369

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文学史
著作者等 Florenz, Karl Adolf
土方 定一
篠田 太郎
カール・フローレンツ
書名ヨミ ニホン ブンガクシ
出版元 楽浪書院
刊行年月 昭11
ページ数 380p
大きさ 19cm
NCID BN14253305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47034235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想