無からの創造

レフ・シエストフ 著 ; 木寺黎二 等訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • シエストフ論(シュレーツェル) / 11
  • アントン・チェーホフ論(無からの創造) / 21
  • 豫言の才能 / 77
  • 最後の一つ手前の言葉 / 99
  • De'omnibus dubitandum / 101
  • 無我と誇大妄想 / 104
  • 永遠の眞理 / 108
  • 天と地 / 109
  • 議論の力 / 112
  • 白鳥の歌 / 114
  • 哲學とは何か / 122
  • ハインリッヒ・ハイネ / 129
  • 眞理とは何か / 139
  • 再び眞理に就いて / 144
  • 汝と我 / 150
  • 認識論 / 155
  • 辯證論としての認識論 / 157
  • 眞理と效用 / 161
  • 哲學者と敎師 / 162
  • 社會的實體としての眞理 / 163
  • 敎義と演繹 / 165
  • 證明された眞理と證明されざる眞理 / 168
  • 現實の限界 / 174
  • 所興と可能と / 177
  • 實驗と證明 / 179
  • 天地創造の七日目 / 183
  • 哲學史は何を敎へるか / 186
  • 科學と形而上學 / 189
  • 無言の假定 / 195
  • 最初のものと最後のもの / 201
  • レフ・シエストフの著作について / 207

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 無からの創造
著作者等 Shestov, Lev
木寺 黎二
安土 禮二郎
レフ・シエストフ
書名ヨミ ム カラ ノ ソウゾウ
出版元 三笠書房
刊行年月 昭和9
ページ数 216p
大きさ 23cm
NCID BN14510554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47033151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想