満洲国皇帝

中保与作 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 紫禁城の嵐
  • 淸朝第十二代の帝座 / 1
  • 長春宮の黃昏 / 20
  • 鴻秋姬との御成婚 / 32
  • 宮城脫出 / 40
  • 流轉忍苦二十年
  • 紫禁城をあとに / 53
  • 公使館舍の假の夢 / 62
  • 暴兵の中を / 68
  • 天津の幾春秋 / 77
  • 令弟達の渡日 / 85
  • 隱れたる高德 / 93
  • 渤海の黎明
  • 天津の曉闇 / 101
  • 新生の黎明 / 115
  • 祖宗發祥の地へ / 117
  • 愛親覺羅と滿洲
  • 傳說の長白山・龍王潭 / 123
  • 潮のごとき移民の群 / 136
  • 滿洲の獨自性 / 144
  • 張父子の虐政 / 154
  • 元首の椅子
  • 建國の鴻業 / 164
  • 執政推戴秘史 / 173
  • 新政府の陣容 / 196
  • 王道政治
  • 大同の理想と王道主義 / 202
  • 内政機構の整備 / 208
  • 敎化施設 / 215
  • 輕斂休賦と財政の確立 / 221
  • 新統制經濟の建設 / 228
  • 貨幣制度の改革 / 242
  • 交通網の充實 / 247
  • 治安・警察・裁判 / 251
  • 保健・衞生の諸設備 / 258
  • 民への宣撫 / 260
  • 王道外交
  • 不承認の共同戰線 / 265
  • 日・滿永遠の契ひ / 270
  • その後の列國 / 280
  • 民の聲・天の●示
  • 生れながらの王者 / 285
  • 帝政派の二潮流 / 292
  • 天の啓示 / 298
  • 順天安民の大旨 / 301
  • 全地上への波紋 / 309
  • 登極・卽位
  • 曉に受くる天の命 / 319
  • 卽位の大禮 / 329
  • 上下同心・王道讃唱 / 338
  • 新帝國の黎明
  • 久遠の國基を樹立 / 353
  • 新政府の威容 / 368
  • 更始維新の德政 / 374
  • 世界へ喚びかく / 379
  • 更に固まる日滿國交 / 388
  • 日・滿皇・帝室の御交驩
  • 御名代宮御訪滿 / 397
  • 靑史に耀く固き御握手 / 400
  • 莊麗嚴肅を極むる御會見 / 404
  • あこがれの日本御訪問 / 410
  • 帝政一年の治績
  • 内政の整備・充實 / 416
  • 飛躍する國際的地位 / 439
  • 滿洲國國歌

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 満洲国皇帝
著作者等 中保 与作
書名ヨミ マンシュウコク コウテイ
書名別名 Manshukoku kotei
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和10
ページ数 452p 肖像
大きさ 19cm
全国書誌番号
47021569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想