ロシア春のソナタ、秋のワルツ : 1999~21st

安達紀子 著

"新しいロシアの肖像"を描き続けた珠玉の三部作、完結。映画や舞台のように流れゆき、詩や絵画のような無限を描く、人間讃歌の記録文学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二一世紀のモスクワ
  • 第2章 著名な彫刻家の娘ワレンチーナの肖像
  • 第3章 オリョールの休日-映画撮影グループと共に
  • 第4章 シェルィコーヴァ-二〇〇四年、ロシアの夏の想い出
  • 第5章 ロシアの演劇大学
  • 第6章 アレクサンドル・カリャーギン-ロシア最高の俳優
  • 第7章 アンドレイ・コンチャロフスキー-低俗なる真実と高尚なる嘘の狭間で
  • 第8章 アクーニンは悪人か?
  • 第9章 トルストイ生誕一八〇周年-ロシアの大文豪との再会
  • 第10章 劇作家アルブーゾフの未亡人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア春のソナタ、秋のワルツ : 1999~21st
著作者等 安達 紀子
書名ヨミ ロシア ハル ノ ソナタ アキ ノ ワルツ : 1999 21st
書名別名 Roshia haru no sonata aki no warutsu
出版元 新評論
刊行年月 2010.5
ページ数 278p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7948-0834-9
NCID BB02126791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21757690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想