南洋材

東京材木通信社 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 有望な南洋材 / 11
  • 第二章 製品及用途 / 14
  • 南洋材の用途及材質 / 14
  • 製品の種類 / 16
  • 挽材及步止り / 20
  • 製品乾燥 / 23
  • 挽材業者 / 27
  • 製品賣買方法 / 28
  • 第三章 輸入と通關 / 33
  • 南洋材の輪入經路 / 33
  • 爲替の重要性 / 36
  • 輸入通關と寸檢 / 41
  • 第四章 輸入販賣 / 46
  • 内地輪入商 / 46
  • 原木問屋 / 48
  • 第五章 商社別出材輸入地 / 52
  • 比律賓木材輸出株式會社 / 52
  • 三菱商事株式會社(ダバオ) / 60
  • 三井物產株式會社(ダバオ、デイプロツグ、ポリロ) / 61
  • 南洋林業株式會社(サンクリラン) / 62
  • 野村商事株式會社(サンダカン) / 64
  • 株式會社岩井商店(スマギー、バシラン、ヂンガラン) / 66
  • 山田種章商店(タワウ、サンダカン) / 68
  • 株式會社安宅商會(タワウ、サンダカン) / 68
  • 太平洋木材株式會社(ポリロ) / 69
  • 龜田木材產業株式會社(ポンチアナ) / 70
  • 株式會社山長商店(ポンチアナ) / 70
  • 播磨造船所木材部(サマリンダ) / 72
  • 第六章 產地造材及船積 / 72
  • 伐採作業方法 / 73
  • 運搬及各種費用 / 78
  • 貯木方法 / 81
  • 造材費用 / 82
  • 產地寸檢方法 / 84
  • 產地船積狀况 / 88
  • 配船と積取運賃 / 91
  • 第七章 產地事情 / 93
  • 第一節 南洋材の蓄積と森林分布狀態 / 93
  • 比律賓群島 / 93
  • 英領北ボルネオ / 96
  • 佛領印度支那 / 97
  • 暹羅 / 98
  • 英領マレー / 102
  • サラワク附ブルネイ / 103
  • 蘭領東印度 / 105
  • ボルネオ / 105
  • 爪哇 / 108
  • スマトラ / 109
  • セレベス / 110
  • 其他の東印度群島 / 110
  • 第二節 各社造材事業地 / 111
  • 南洋各島の邦人木材業者内容 / 112
  • 比律賓の木材業 / 113
  • 第八章 南洋材の種類及材質 / 126
  • 現今主要輸入材 / 126
  • 少量及見本輸入材 / 152
  • 其他薯名樹種 / 171
  • 第九章 南洋材輸入の沿革 / 184
  • 一般市場輸入開始期 / 185
  • 邦人林業の沿革 / 185
  • 第十章 產地別林務法規 / 187
  • 比律賓の林政 / 187
  • 蘭領印度の林務行政 / 201
  • 英領北ボルネオ木材輸出稅 / 207
  • サラワクの森林法規 / 208
  • ブルネイ林政 / 208
  • 英領馬來の伐採規定 / 209
  • 佛領印度支那の森林行政 / 211
  • 產地別南洋材異名表 / 213
  • 各種統計表 / 218
  • 南洋材各年各月相傷統計表 / 241
  • 南洋材直輸入業者氏名 / 246
  • 南洋材原木問屋及製材業者氏名 / 247
  • 東京之部 / 247
  • 大阪之部 / 250
  • 神戶之部 / 253
  • 和歌山之部 / 254
  • 京都之部 / 255
  • 「附」 產地別地圖
  • 蘭領東印度森林密度表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 南洋材
著作者等 東京材木通信社
倉持 善三郎
書名ヨミ ナンヨウザイ
書名別名 Nan'yozai
出版元 東京材木通信社
刊行年月 昭和9
ページ数 255p
大きさ 20cm
NCID BA6030535X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47013588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想