帝人疑獄 : 真相史

野中盛隆 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 東京日日政治部長 久富逹夫 / 1-3
  • はしがき / 1-7
  • (上) 發端編 / 1-46
  • 一 帝人事件の發端 / 1
  • 二 三長老人の評定 / 14
  • 三 齋藤、西園寺訪問の顚末 / 18
  • 四 往復電報の正體 / 23
  • 五 帝人株の賣買契約書 / 36
  • 六 檢擧の急進 / 39
  • 七 齋藤首相の態度 / 42
  • (中) 眞相編 / 47-196
  • 一 齋藤を仰天させた黑田の書翰 / 47
  • 二 總辭職の前夜 / 52
  • 三 政變 / 55
  • 四 三土喚問の眞相 / 61
  • 五 原前法相の眞情 / 86
  • 六 望月圭介の友情 / 88
  • 七 岡田、宮脇の會見 / 90
  • 八 小原對名川の前哨戰 / 93
  • 九 鳩山喚問の眞相 / 98
  • 一〇 證人として登場する政界・財界の人々 / 106
  • 一一 濱田、小原の攻防戰(六六議會) / 115
  • 一二 南京虫-謎の金庫(六六議會) / 127
  • 一三 美濃部、小原一騎打ち(六七議會) / 144
  • 一四 司法部の論據 / 156
  • 一五 豫審終結決定書 / 159
  • (下) 手記編 / 197-347
  • 一 僞はりなき告白(上申書要旨) 元商相 中島久萬吉 / 197
  • 二 謎の六萬圓(上申書要旨) 元大藏次官 黑田英雄 / 223
  • 三 私の立場(上申書要旨) 帝人社長 高木復亨 / 233
  • 四 肺患の義弟(上申書要旨) 元大藏省銀行局長 大久保偵次 / 264
  • 五 私の告白(上申書要旨) 帝人取締役當時壹銀秘書課長 岡崎旭 / 281
  • 六 相被告の供述(上申書要旨) 元臺銀頭取 島田茂 / 302
  • 七 帝人事件と余の立場(手記) 元鐵相 三土忠造 / 327
  • (附)公判編 / 349-397
  • 一 公判劈頭から低氣壓 / 349
  • 二 高木の審理終る / 354

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 帝人疑獄 : 真相史
著作者等 野中 盛隆
書名ヨミ テイジン ギゴク : シンソウシ
書名別名 Teijin gigoku
出版元 千倉書房
刊行年月 昭和10
ページ数 357p
大きさ 20cm
NCID BN06558431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47009670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想