鋳造作業標準

海軍艦政本部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 模型材料及鑄物材料
  • 第一節 模型用材料選擇上の注意 / 3
  • 第二節 鑄物用材料選擇上の注意 / 8
  • 第二章 鑄物材料の配合法
  • 第一節 鑄鐵の化學的成分並に其配合法 / 10
  • 第二節 鑄鋼の化學的成分並に其配合法 / 14
  • 第三節 靑銅の化學的成分並に其配合法 / 18
  • 第四節 アルミニウム合金の化學的成分並に其配合法 / 23
  • 第三章 諸差物地金の製造法
  • 第一節 滿俺銅の製造法 / 45
  • 第二節 ニツケル銅の製造法 / 45
  • 第三節 亞鉛鐵の製造法 / 46
  • 第四節 アルミニウム靑銅用差物の製造法 / 47
  • 第五節 輕合金用差物の製造法 / 48
  • 第四章 鎔解爐の選擇と操業法
  • 第一節 鑄物用鎔解爐の選擇 / 52
  • 第二節 銑鐵用キユポラの操業法 / 54
  • 第三節 鑄鐵用電氣爐の操業法 / 58
  • 第四節 鑄鋼用電氣爐の操業法 / 64
  • 第五節 鑄鋼用轉爐の操業法 / 81
  • 第六節 銅合金用電氣爐の操業法 / 87
  • 第七節 坩堝爐の操業法 / 94
  • 第八節 銅合金用反射爐の操業法 / 102
  • 第五章 鑄物砂の配合法
  • 第一節 鑄物砂の通性 / 105
  • 第二節 鑄鐵用生型砂の配合法 / 107
  • 第三節 鑄鐵用乾燥型砂の配合法 / 108
  • 第四節 靑銅用砂の配合法 / 109
  • 第五節 鑄鐵用砂の配合法 / 110
  • 第六節 輕合金用砂の配合法 / 111
  • 第六章 鑄型の製造法
  • 第一節 各種材料別の縮尺標準 / 112
  • 第二節 押湯 上り 及湯道の附け方 / 112
  • 第三節 心金及冷金の使用法 / 120
  • 第四節 脫瓦斯の方法 / 123
  • 第五節 乾燥方法 / 124
  • 第六節 誡驗片の位置及形狀 / 126
  • 第七節 鑄込み及鑄込み後の注意事項 / 129
  • 第八節 鑄型の据へ方 / 131
  • 第九節 金型使用の範圍及製造法 / 132
  • 第七章 熱處理法 燒鈍法並に酸漬法
  • 第一節 鑄鐵品及鑄鋼品の燒鈍法 / 137
  • 第二節 鑄鐵及鑄鋼の酸漬法 / 139
  • 第三節 鑄掛け品の燒鈍法 / 141
  • 第八章 鑄物の組織檢查法
  • 第一節 試料の採取並に取扱法 / 142
  • 第二節 腐蝕法 / 144
  • 第三節 顯微鏡裝置の取扱法 / 147
  • 第四節 マクロ腐蝕法 / 148
  • 第九章 鐵及鋼鑄物の實例
  • 第一節 タルビン車室 / 151
  • 第二節 減速車室 / 159
  • 第三節 内火式機械發動筩(マン型發動筩ズ式發動筩) / 163
  • 第四節 入籠(ズ式發動筩入籠) / 178
  • 第五節 吸鍔衞帶環 / 186
  • 第六節 空氣壓搾機械 其一 / 188
  • 空氣壓搾機械 其二 / 191
  • 第七節 發電機用繼鐵 / 194
  • 第八節 演習彈 / 199
  • 第九節 砲鞍及鞍耳支基(大物) / 203
  • 第十節 照準齒弧 / 209
  • 第十章 非鐵合金鑄物の實例
  • 第一節 魚雷氣筩 / 212
  • 第二節 水壓機氣筩(魚雷運搬裝置水壓筒) / 214
  • 第三節 ブ式操舵テレモーター起動筩 / 216
  • 第四節 被金 / 219
  • 第五節 推進器 / 221
  • 第六節 喞筒用扇車 / 223
  • 第七節 ニツケル靑銅鑄物 / 231

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鋳造作業標準
著作者等 日本鋳物協会
海軍艦政本部
書名ヨミ チュウゾウ サギョウ ヒョウジュン
出版元 日本鋳物協会
刊行年月 昭和7
ページ数 232p
大きさ 27cm
NCID BA32233148
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47007461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想