転向者の思想と生活

小林杜人 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • 第一部
  • 日本國民としての自覺に立ちて 小林杜人 / 3
  • 一 轉向の歷史的發展 / 3
  • 二 轉向者の將來の展望 / 45
  • 三 轉向者は立ち上つてゐる / 57
  • 四 出所四年の生活 / 79
  • 第二部
  • 第一 生活編
  • A 更生々活にいそしむ人々
  • 轉向者を「農村オルグ」にしたい 山口隼郞君 / 101
  • 高次的タカマノハラの展開へ 西光萬吉君 / 109
  • 「妙法苑」を開いて 池ノ内三雄君 / 115
  • 原野を開墾して 東海林勉君 / 117
  • 獨立の希望に燃えて 飯野英次君 / 120
  • 農村修養道場建設の抱負 鈴木茂利美君 / 123
  • 先づ便所の掃除から 小野義次君 / 128
  • B 生活記錄
  • 「朗らかな裏切者」となるまで 小野義次 / 133
  • 茨の道を拔けて 吉原淸一郞 / 156
  • 自由と獨立の天地へ 岩永七郞 / 173
  • 靴屋となつて 崔武赫 / 188
  • 養鷄業を營む 西川曉作 / 199
  • 試鍊のあと 岩内隆平 / 205
  • 私の念願 山本彬 / 218
  • 娑婆生活の二年 島本一夫 / 229
  • 赤裸々の生活記 谷口慶次郞 / 238
  • 第二 感想編
  • 私の行路 庄司徹 / 257
  • 陛下の赤子たる自覺に立ちて 角田守平 / 276
  • 一轉向者の苦惱の體驗 永杉利男 / 292
  • マルキシズムに救はれなかつた私 松原千代 / 306
  • 北鮮に更生靑年會を組織するまで 金鍊學 / 321
  • お念佛に生かされつゝ 出原優 / 335
  • 佛佗の大慈悲に浴して 池ノ内三雄 / 353
  • その後のノートから 坂井喜夫 / 365
  • 溪源錄 淺野晃 / 381
  • 朝鮮に於ける思想犯保護事業の建設へ 沈吉福 / 396
  • 附 編輯を終りて / 407

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 転向者の思想と生活
著作者等 小林 杜人
書名ヨミ テンコウシャ ノ シソウ ト セイカツ
出版元 大道社
刊行年月 昭和10
ページ数 416p
大きさ 19cm
NCID BA34937378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47010649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想