動詞中心独英和対照羅典語研究

倉持高雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • I Verbum Auxiliare(助動詞)Esseの變化 / 1
  • Verbum Auxiliare Esseの直接法變化並に同現在變化表と其の解說 / 1-2
  • 和譯課題 / 3-7
  • II 和譯課題(A),和譯課題(B) / 7-10
  • 羅譯 / 10-11
  • III EsseのImperfectum(過去)變化表と其の解說 / 11-12
  • 課題1.和譯(A),和譯(B) / 12-14
  • 第三變化名詞の語尾表並に例解と用例 / 14-18
  • IV EsseのFuturum(未來)變化表と其の解說 / 19-21
  • V Esseの現在完了、過去完了、未來完了の各變化表と其の解說 / 21-23
  • VI Verbum Auxiliare Esseの接續法變化表と其の解說 / 23-28
  • VII Verbum Auxiliere EsseのImperativus / 28-30
  • Verbum Auxiliare EsseのInfinitivus / 30-31
  • Verbum Auxiliare EsseのParticipium / 31
  • VIII Verbum Auxiliare Esseの複合動詞 / 31-36
  • IX 羅典語の複合動詞 / 36-44
  • X Esseの複合動詞と變化例 / 44-46
  • XI Verbum(Verbumの意義Verbumの變化相、定動詞、不定動詞) / 46-49
  • XII 動詞の態、動詞の種類、能働態、受働態、混合態、半混合態 / 49-52
  • XIII 法、直接法(獨英對照) / 52-55
  • XIV 法、接續法 / 55-64
  • XV 法一命令法 / 65-68
  • XVI 動詞の變化 / 68-70
  • 人稱語尾 / 70-72
  • XVII 動詞の四主要形並規則動詞の變化略表 / 72-77
  • XVIII 動詞の諸變化(第一變化動詞直接法能相現在) / 78-79
  • 直接法現在(羅、獨、英)の意義用法比較 / 80-83
  • XIX 第一變化動詞直說法能相過去 / 84-85
  • 直說法過去(羅、獨、英)の意義用法比較 / 85-90
  • XX 第一變化動詞直接法能相未來 / 90
  • 直說法未來の意義用法(羅、獨、英)比較 / 91-92
  • XXI 第一變化動詞直接法能相現在完了 / 92-93
  • 直接法現在完了の意義用法(羅、獨、英)比較 / 93-97
  • XXII 第一變化動詞直接法能相過去完了 / 97-98
  • 直接法過去完了の意義用法(羅、獨、英)比較 / 98-102
  • XXIII 第一變化動詞直接法能相未來完了 / 102-103
  • 直接法未來完了の意義用法(羅、獨、英)比較 / 103
  • 第一變化動詞直接法能相語尾各時稱符一覽表 / 104-106
  • XXIV 第一變化動詞接續法能相現在、過去、現在完了、過去完了 / 107-109
  • XXV 第一變化動詞能相命令法 / 109
  • XXVI 能相不定法 / 110-112
  • XXVII 不定法の用法 / 112-117
  • XXVIII 不定法の時稱 / 117-118
  • XXIX 分詞 / 119-126
  • XXX 動詞狀名詞 / 126-132
  • XXXI 受働的動詞狀形容詞 / 133-137
  • GerundiumとGerundivumとの比較、其等の使用上の注意 / 137-138
  • XXXII 目的分詞 / 138-140
  • XXXIII Passivum(Vox Passiva)-各法、各時、各人稱、各數の受身 / 140-149
  • XXXIV 第一種變化動詞(能詞態、獨英和對照)變化一覽 / 149-154
  • XXXV 第一種變化動詞(受働態、獨英對照)變化一覽 / 154-159
  • XXXVI 第二種變化動詞(能働態)變化一覽 / 159-163
  • XXXVII 第二種變化動詞(受働態)變化一覽 / 163-167
  • XXXVIII 第三種變化動詞(能働態)變化一覽 / 167-171
  • XXXIX 第三種變化動詞(受働態)變化一覽 / 171-174
  • XL 第四種變化動詞(能働態)變化一覽 / 174-178
  • XLI 第四種變化動詞(受働態)變化一覽 / 178-182
  • XLII 第三種變化動詞中-ioの語尾を持つものゝ變化 / 182-185
  • XLIII 四種の活用動詞の語尾變化比較 / 186-191

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 動詞中心独英和対照羅典語研究
著作者等 倉持 高雄
書名ヨミ ドウシ チュウシン ドク エイ ワ タイショウ ラテンゴ ケンキュウ
書名別名 Doshi chushin doku ei wa taisho ratengo kenkyu
出版元 文化語学社
刊行年月 昭和9
ページ数 191p
大きさ 19cm
全国書誌番号
47011580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想