潜水の友

三浦定之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 一般潜水界の狀況とマスク式潜水 / 1
  • 一 行け!海國男子は海底へ / 1
  • 二 潜水夫の海底に於げる動作 / 7
  • 三 各種潜水器の區分とマスク式潜水器特長 / 16
  • 四 海底に於ける水壓 / 39
  • 五 海底に於ける空氣の壓縮 / 50
  • 六 潜水作業狀況に就て / 63
  • 七 日本定置漁業硏究會ますく式潜水講習の大要 / 82
  • 第二章 一般潜水作業員の心得 / 96
  • 八 喞筒押しの注意 / 96
  • 九 空氣壓縮器を使用せる場合機關士の注意 / 99
  • 一〇 潜水綱持ちの注意 / 102
  • 一一 潜水船々頭の注意 / 105
  • 一二 潜水練習者と其心得 / 113
  • 一三 潜水練習者の體質 / 119
  • 一四 潜水合圖 / 127
  • 一五 潜水夫後ろ捌き / 135
  • 一六 潜水船の準備 / 142
  • 第三章 マスク式潜水器 / 148
  • 一七 兜式潜水器とマスク式潜水器の特失に就て / 148
  • 一八 マスク式綱持ちの特に注意すべき事項 / 167
  • 一九 マスク潜水夫の心得 / 177
  • 二〇 マスク式潜水器局部構造(特許) / 186
  • 二一 マスク式潜水器の發逹 / 192
  • 二二 マスク式潜水器の着裝と脫裝 / 201
  • 二三 マスク式潜水器の使用注意 / 206
  • 二四 マスク式潜水法 / 211
  • 二五 マスク式潜水四十五尋沈下浮上に要する時間表 / 215
  • 二六 マスク式潜水送氣ポンプの撰び方(海深と回轉數より) / 218
  • 二七 マスク潜水作業と潜水器組合せ準備品 / 227
  • 二八 マスク潜水器の空氣使用量 / 233
  • 二九 兜式潜水器空氣使用量 / 240
  • 三〇 マスク潜水夫制限時間並に連續作業 付、浮上並に沈降時間 / 250
  • 第四章 潜水喞筒並に送氣法 / 261
  • 三一 潜水ポンプの種類(動力用と手働の得失) / 261
  • 三二 手働喞筒二種回轉式ポンプと天秤式ポンプの優劣 / 264
  • 三三 天秤型潜水ポンプ / 267
  • 三四 回轉式喞筒 / 276
  • 三五 動力付空氣壓縮器とマスク潜水器 / 287
  • 三六 動力付低壓潜水用空氣壓縮器送氣法並に構造上の注意 / 297
  • 三七 動力付高壓潜水空氣壓縮器送氣法並に構造上の注意 / 300
  • 第五章 潜水病 / 306
  • 三八 潜水病回顧 / 306
  • 三九 潜水病の原因 / 309
  • 四〇 潜水病に罹り易すい海底作業事情 / 315
  • 四一 潜水病罹病前の狀況と感想 / 326
  • 四二 潜水病症狀の大體 / 330
  • 四三 潜水病減壓治療室の大體 / 338
  • 四四 潜水病フカシ療法(再壓療法) / 341
  • 四五 潜水目迷ひと人工呼吸 / 354
  • 四六 マスク式と潜水病に對する潜水乘組員の注意 / 357

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 潜水の友
著作者等 三浦 定之助
書名ヨミ センスイ ノ トモ
書名別名 Sensui no tomo
出版元 日本潜水
刊行年月 昭和10
ページ数 363p 肖像
大きさ 19cm
全国書誌番号
47006683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想