クラシック迷宮図書館 : 音楽書月評2004-2010 : 片山杜秀の本 4  続

片山杜秀 著

銭形平次の寛永通宝はSPレコード?上野に西郷隆盛像と東京芸大がある理由とは?十二音音楽は統合失調症の特効薬だった?『うる星やつら』とモーツァルトの関係??-冴えに冴えまくる着想で、「クラシックの読み方」が変わる。本を読めば音楽がわかるのか!?-ますます絶好調のカタヤマ式音楽書月評、厳選68冊分。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • (ミュンシュ+アンセルメ)÷2=ブーレーズ-ブーレーズ・著、ジリー聞き手『ブーレーズは語る』
  • 銭形平次はなぜ銭を投げるのか?-太田愛人『野村胡堂・あらえびすとその時代』
  • 『リボンの騎士』の作曲家はなぜ"惑星"の編曲家になったのか?-冨田勲『音の雲』
  • いいかげんなイタリアから出直せ!-石井宏『反音楽史』
  • アドルノの快刀乱麻とダールハウスの退屈-ダールハウス『音楽史の基礎概念』
  • 上野に西郷さんの銅像と東京芸大がいっしょにあるわけ-横田庄一郎『西郷隆盛惜別譜』
  • さっぱりだけが人生だ-傳雷・著、傳敏・編『君よ弦外の音を聴け』
  • 統合失調症患者としてのヴェーベルン-阪上正巳『精神の病いと音楽』
  • 謎めいていてこそ音楽!-近藤譲『「音楽」という謎』
  • 匿名音楽のススメ-高橋悠治『高橋悠治コレクション1970年代』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クラシック迷宮図書館 : 音楽書月評2004-2010 : 片山杜秀の本 4
著作者等 片山 杜秀
書名ヨミ クラシック メイキュウ トショカン : オンガクショ ゲッピョウ 2004 2010 : カタヤマ モリヒデ ノ ホン
書名別名 MUSIC BOOK LABYRINTH

Kurashikku meikyu toshokan
巻冊次
出版元 アルテスパブリッシング
刊行年月 2010.3
ページ数 282, 12p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903951-29-4
NCID BB00832070
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21789055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想