実用船舶便覧  昭和9年版

モータシツプ雑誌社 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 統計篇
  • 助成船三十一隻に就て / 1
  • 助成船一覽表 / 2
  • 總噸數一千噸以上のデイーゼル船調
  • (昭和八年十二月末內地現在) / 4
  • 本邦デイーゼル船一覽表
  • (總噸數一千噸以上、昭和八年十二月末內地現在) / 5
  • 發動機附漁船趨勢 / 9
  • 最近六ケ年間發動機附漁船發達大勢表 / 11
  • 昭和六年末現在發動機附漁船合計表 / 12
  • モーターボート篇
  • プリテイツシユ・インターナショナル・トロフイー・レース / 1
  • 1933年に作られたモーターボートの世界記錄 / 5
  • 昭和八年度船外機艇日本公認記錄 / 6
  • 昭和六年度船外機艇日本公認記錄 / 7
  • 1933年世界公認記錄 / 7
  • 日本モーターボート協會の事業並に功績 / 8
  • 日本モーターボート協會役員 / 8
  • 日本モーターボート協會會則 / 9
  • 日本船外機艇競爭規則拔抄 / 10
  • 東京モーターボート倶樂部 / 13
  • 東京モーターボート倶樂部會員 / 13
  • クラブ所屬高速度艇表(時速20哩以上) / 13
  • 東京モーターボート倶樂部會則 / 14
  • 資料篇
  • 造船所の部
  • 三菱重工業株式會社 右開き表紙裏
  • 浦賀船渠株式會社 左開き扉對面
  • 淺野造船株式會社 / 1
  • 合名會社品川造船所 / 2
  • 株式會社播磨造船所 / 3
  • 株式會社藤永田造船所 / 4
  • 三井物產株式會社造船部 / 5
  • 三菱重工業株式會社神戶造船所 / 6
  • 三菱重工業株式會社長崎造船所 / 7
  • 三菱重工業株式會社彥島造船所 / 8
  • 橫濱船渠株式會社 / 9
  • 主機關の部
  • スルザー・ブラザース 左開き扉對面
  • 三菱重工業株式會社 右開き表紙裏
  • 株式會社池貝鐵工所 / 11
  • 木下鐵工所 / 12
  • 株式會社神戶製鋼所 / 13
  • 株式會社東京石川島造船所 / 14
  • 株式會社友野鐵工所 / 15
  • 株式會社新潟鐵工所 / 16
  • 株式會社阪神鐵工所 / 17
  • 三井物產株式會社造船部 / 18
  • 三菱重工業株式會社神戶造船所 / 19-21
  • 三菱重工業株式會社長崎造船所 / 22-24
  • 山形鐵工所 / 25
  • 橫濱船渠株式會社 / 26
  • 甲板用機械補器類オイル等の部
  • 淺野物產株式會社礦油部 統計篇扉裏
  • 田中源太郞商店 法令篇扉裏
  • ライジングサン石油株式會社 左開き表紙裏
  • 柳生商店 資料篇、主機の部及甲板機械の部扉裏
  • 株式會社川崎造船所艦船工場營業部 / 27
  • 巽商事株式會社 / 28
  • 能率增進器株式會社 / 29
  • 合資會社日之出バーナー製作所 / 30-31
  • 合名會社藤本商店 / 32
  • 三菱重工業株式會社神戶造船所 / 33-36
  • 三菱重工業株式會社彥島造船所 / 37-38
  • 三菱重工業株式會社長崎造船所 / 39
  • モーターボート、同用機關並附屬品類の部
  • 柳生商店 モーターボート篇扉裏、資料篇、モーターボートの部扉裏
  • 株式會社墨田川造船所 / 41
  • 三菱重工業株式會社長崎造船所 / 42
  • 株式會社橫濱ヨツト工作所 / 43
  • 合資會社ハリマ商會 / 44
  • 株式會社モーターボート商會 / 45
  • 書籍類
  • 舵 モーターボート篇 / 16
  • 漁船建造必携 資料篇、甲板機械類の部最後頁
  • 船舶設計圖集第一集霧島丸 資料篇、造船所の部扉裏
  • 優秀船寫眞集 資料篇 / 10

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実用船舶便覧
著作者等 モーターシップ雑誌社
モータシツプ雑誌社
書名ヨミ ジツヨウ センパク ベンラン
書名別名 Jitsuyo senpaku benran
巻冊次 昭和9年版
出版元 モータシツプ雑誌社
刊行年月 昭和9
ページ数 1冊
大きさ 20cm
NCID BA66603940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46093507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想