新講和歌史

斎藤清衛 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 一 和歌の語義 / 1
  • 二 和歌の歌謠 / 4
  • 三 口唱文學の時代 / 8
  • 四 和歌の成立 / 13
  • 五 和歌に於ける形式の分化 / 18
  • 六 歌詞の時代的區劃 / 26
  • 一 上世時代(萬葉調中心時代)
  • 一 時世相 / 29
  • 二 文學の記載と大陸の影響 / 34
  • 三 歌界の展望 / 37
  • 前期-萬葉調全盛時代- / 41
  • 一 長歌の圓熟 / 41
  • 二 主要な長歌歌人 / 47
  • 三 旋頭歌の流行 / 54
  • 四 短歌性の高潮化 / 56
  • 五 主要な短歌歌人 / 62
  • 後期-一萬葉調衰頽時代- / 67
  • 一 長歌の衰微と五七調 / 67
  • 二 主要歌人の歌 / 72
  • 三 萬葉集の編纂 / 79
  • 二 中古時代(古今調中心時代)
  • 時世相と歌壇 / 85
  • 前期-三代集時代- / 92
  • 一 古今調の檢討 / 92
  • 二 主要な歌人 / 103
  • 三 諸歌集の撰述 / 114
  • 後期-後拾遺金葉詞花時代- / 112
  • 一 古風と新風 / 122
  • 二 著名歌人の作風 / 129
  • 三 和歌關係の著書 / 135
  • 三 中世時代(新古今調中心時代)
  • 時世相と歌壇 / 141
  • 前期-千載新古今時代- / 152
  • 一 新古今調の意味 / 152
  • 二 簇出した歌人の群 / 159
  • 三 撰集の樣々 / 178
  • 後期-二條京極對立撰集時代- / 184
  • 一 師範家の分爭と歌風 / 184
  • 二 各派の歌人 / 195
  • 三 續出した勅撰集と私撰集の色々 / 204
  • 四 近古時代(歌壇低迷時代)
  • 一 時世相と歌壇の混亂 / 211
  • 二 諸歌人とその歌調 / 220
  • 三 歌書の三四について / 227
  • 五 近世時代(各歌調並立時代)
  • 時世相と文學 / 229
  • 前期-復古運動時代- / 237
  • 一 四流 / 237
  • 二 古調保守派の歌調 / 237
  • 三 主なる保守派の歌人に就て / 243
  • 四 反傳統論者とその歌調 / 249
  • 五 萬葉調派とその歌人 / 257
  • 六 趣味派の人々と歌調の一斑 / 266
  • 七 長歌と片歌 / 270
  • 後期-自由詠出時代- / 275
  • 一 四流 / 275
  • 二 新中世派とその人々 / 277
  • 三 新中古派 / 296
  • 四 新上代調派とその歌人 / 312
  • 五 自由派の人々 / 323
  • 六 長歌及び雜體歌 / 339
  • 六 現代
  • 現代歌調の大觀 / 349
  • 附錄
  • 一 參考書目
  • 重要な和歌通史參考書 / 28
  • 紀記の歌參考書 / 66
  • 萬葉集參考書 / 84
  • 八代集參考書 / 151
  • 歌學史參考書 / 183
  • 歌書關係の叢書 / 183
  • 叢書内容目錄 / 209-210
  • 近世和歌通史參考書 / 274
  • 續日本歌學全書蒐錄の歌集 / 348
  • 二 歌人系譜 / 351
  • 三 主要人名索引 / 354

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新講和歌史
著作者等 斎藤 清衛
書名ヨミ シンコウ ワカシ
書名別名 Shinko wakashi
出版元 育英書院
刊行年月 昭和10
ページ数 350p
大きさ 19cm
NCID BN11319371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47001731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想