紫瀾存稿

大江安之介 著 ; 大江安之介翁古稀祝賀会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 論說 / 1
  • 第一 敎育の本旨 / 1
  • 第二 試驗の敎育價値 / 5
  • 第三 冐險を論じて南極探險の壯擧に及ぶ / 13
  • 第四 朝鮮敎育論 / ●4
  • 第五 長壽と心身の活動との關係 / 49
  • 第六 新卒業諸姉に餞す / 56
  • 第七 結婚を論じて家族制度に及ぶ / 61
  • 第八 普選に就いて / 76
  • 第九 平和の背後に軍備の必要 / 80
  • 第十 事物に溺るゝな / 85
  • 第十一 言語と文字とに就いて / 89
  • 第十二 子供と親とに就いて / 97
  • 第十三 物騷なる世相を觀察して / 120
  • 第二章 傳記 / 125
  • 第一 大鹽平八郞 / 125
  • 第二 蓮月尼 / 129
  • 第三 德川光圀公と女性 / 132
  • 第四 比律賓史上の第一人物ホーセ・リサールと其妻及其母 / 144
  • 第五 花蹊先生を追懷す / 151
  • 第六 石山君を追懷す / 154
  • 第三章 隨筆 / 157
  • 第一 旅行中の所感 / 157
  • 第二 犬の話 / 177
  • 第三 猪の話 / 188
  • 第四 序跋碑文 / 193
  • 朝鮮名勝詩選序 / 193
  • 彰考館總裁略傳跋 / 193
  • 手塚幸子墓誌銘 / 194
  • 廣木信近君墓碑銘 / 195
  • 町田先生墓碑銘 / 196
  • 町田文一君墓表 / 197
  • 中村貞明君墓碑銘 / 198
  • 第四章 詩歌 / 201
  • 勅題 / 201
  • 祝賀 / 203
  • 哀傷 / 208
  • 夏 / 211
  • 秋 / 212
  • 雜 / 214
  • 第五章 自傳の片影 / 221
  • 第一 稻枝靑年同志會に寄す / 221
  • 第二 孔雀樓筆記を讀む / 223
  • 第三 盜難に遭ひたる記 / 226
  • 第四 未決監に在る友人を訪問したる記 / 235
  • 第五 歸鄕所感 / 239
  • 第六 妻の行方 / 247
  • 第七 跡見女學校を辭職しました後の日 / 260
  • 第八 那須に遊びて / 268
  • 第九 銷夏漫筆 / 273
  • 第十 思ひ思づる儘 / 280
  • 第十一 上市尋常小學校の昔日を偲びて / 283
  • 附錄 紫瀾大江翁古稀記念會誌 / 1-51

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 紫瀾存稿
著作者等 大江 安之介
大江安之介翁古稀祝賀會
大江安之介翁古稀祝賀会
書名ヨミ シラン ソンコウ
出版元 大江安之介翁古稀祝賀会
刊行年月 昭和9
ページ数 337p
大きさ 20cm
NCID BA45559443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47001706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想