秩父事件と其前後 : 自由党事件史

油井熊蔵 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 明治反政府黨の濫觴
  • 朝鮮の暴慢 / 1
  • 征韓論の破裂と愛國公黨の出現 / 4
  • 地方長官會議開催の御勅諭 / 10
  • 板垣の歸臥と立志社 / 12
  • 臺灣の役 / 16
  • 大阪會議 / 18
  • 不平黨の反亂 / 21
  • 政黨の勃興
  • 國會開設の請願 / 25
  • 民權機關新聞の發行 / 35
  • 伊藤・大隈の確執と板垣の奮起 / 36
  • 國會開設の大詔と自由・改進兩黨の創立 / 39
  • 帝政黨の出現と憲法論 / 45
  • 板垣の岐阜遭難 / 49
  • 全國酒造家の大阪會議 / 53
  • 政府の政黨彈壓 / 55
  • 板垣・後藤の外遊と自由黨の内訌 / 59
  • 自由・改進兩黨の軋轢 / 63
  • 福島事件
  • 三島知事と縣下の自由黨 / 65
  • 縣會議案總否決と縣令の專斷 / 69
  • 暴漢の橫行と自由黨 / 72
  • 縣當局の暴戾と地方民の激動 / 75
  • 陳情委員の奔走と河野の歸縣 / 84
  • 同志續々捕縛さる / 92
  • 河野等の捕縛と福島自由黨の勦滅 / 99
  • 高等法院の新設と河野等の審判 / 105
  • 高田事件
  • 頸城三郡の自由黨 / 120
  • 犧牲者赤井景韶 / 124
  • 赤井の脱監と處刑 / 128
  • 群馬事件
  • 當時の政情と縣下の自由黨 / 131
  • 密謀の露顯と其結末 / 138
  • 加波山事件
  • 縣令暗殺の計畫 / 145
  • 爆彈製造の失敗 / 149
  • 自由黨の靑年養成策 / 151
  • 强盜事件と同志の暗躍 / 154
  • 同志の巢窟となれる下館有爲館 / 157
  • 加波山に擧兵 / 162
  • 加波山を棄てゝ下る / 165
  • 關係有志・一味徒黨續々捕縛 / 170
  • 裁判と故障書 / 183
  • 遂に强盜犯として處刑さる / 186
  • 秩父事件の序曲
  • 密偵銃殺問題 / 194
  • 宮部襄敎唆犯として捕はる / 198
  • 自由・改進・帝政・三黨の解散 / 200
  • 村上の就縛と非上の畫策 / 206
  • 秩父事件
  • 秩父の窮狀と困民黨 / 209
  • 田代榮助遂に起つ / 213
  • 密使と鎭撫使 / 218
  • 蜂起と用金集め / 221
  • 討伐軍の出動と激徒の沒落 / 231
  • 信州北相木の自由黨員 / 237
  • 北相木の同志遂に加盟 / 242
  • 菊池鋒を信州に轉じて殺到 / 250
  • 佐久同志の不參加と東馬流の激戰 / 263
  • 東馬流の暴徒敗退 / 275
  • 殘黨狩りと高見澤の自首 / 284
  • 飯田事件
  • 主謀櫻井・澄川の奔走 / 290
  • 中途發覺して一網打盡 / 297
  • 秩父事件後記・一
  • 殘黨逐次に自首 / 300
  • 井出・高見澤始め千餘名の裁判 / 301
  • 名古屋事件
  • 未然に發覺して處刑さる / 317
  • 大阪事件
  • 朝鮮外交問題に端を開く / 321
  • 同志磯山の變節と善後策 / 329
  • 同志相亞いで捕縛さる / 331
  • 靜岡事件
  • 事志と違ひ刺客と變ず / 339
  • 秩父事件後記・二
  • 其後の菊池貫平 / 343
  • 貫平の人と爲り / 350
  • 生地八那池を經て甲州へ脫出 / 353
  • 釜無川畔に於て捕縛さる / 357
  • 附錄
  • 賊徒追擊の顛末書 / 361
  • 兩佐久の自由黨員 / 364

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 秩父事件と其前後 : 自由党事件史
著作者等 油井 熊蔵
書名ヨミ チチブ ジケン ト ソノ ゼンゴ : ジユウトウ ジケンシ
書名別名 Chichibu jiken to sono zengo
出版元 汗牛充棟閣
刊行年月 昭和10
ページ数 366p
大きさ 20cm
NCID BA44867734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46091588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想