ミリング作業法手引

山口巌 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 總說 / 1-108
  • I ミリング / 1
  • II フライス盤 / 2
  • III カツタ / 4
  • IV カツタの種類 / 8
  • V カツタの硏磨 / 30
  • VI フライス盤の構造と使用法 / 43
  • VII 讀圖に就ての注意 / 61
  • VIII 切削速度及送り / 74
  • IX 變速機構及速度表 / 85
  • X 冷却劑 / 104
  • 實習 / 109-175
  • 實習上の注意 / 109
  • I 機械の調整 / 111
  • II 主なるカツタ / 112
  • III カツタの取附法 / 113
  • IV カツタの廻轉方向 / 116
  • V 冷却劑 / 117
  • VI 速度表の使用法 / 117
  • VII 測定具 / 119
  • VIII 作業上の注意若干 / 123
  • IX 機械萬力の調節 / 124
  • X 工作物の固定 / 125
  • XI 平削りカツタの使用法(其の一) / 125
  • XII 平削りカツタの使用法(其の二) / 127
  • XIII 平削りカツタの使用法(其の三) / 129
  • XIV 側刄カツタに依る溝切り / 131
  • XV 軸に於ける溝切り / 132
  • XVI 組合せカツタの使用法(其の一) / 133
  • XVII 組合せカツタの使用法(其の二) / 135
  • XVIII 内丸刄カツタの使用法 / 136
  • XIX 組合せカツタによる六角ナツトの仕上 / 138
  • XX 組合せカツタによる仕事 / 139
  • XXI 角度カツタの使用法 / 141
  • XXII ウツドラフ・キーシート・カツタの使用法 / 143
  • XXIII 丸面取りカツタの使用法 / 144
  • XXIV 組合せカツタの使用法 / 145
  • XXV 圓鋸の使用法 / 148
  • XXVI 角度カツタの使用法 / 150
  • XXVII 組合せカツタの使用法 / 152
  • XXVIII 兩角度カツタの使用法 / 153
  • XXIX 丸棒の取付法 / 155
  • XXX 輪狀工作物を一時に仕上げる方法 / 159
  • XXXI 組合せカツタの使用法 / 160
  • XXXII 丁溝を切る事(其の一) / 162
  • XXXIII 丁溝を切る事(其の二) / 164
  • XXXIV カツタ・ヘツドに依る仕上 / 165
  • XXXV エンド・ミルに依る平面の仕事 / 167
  • XXXVI エンド・ミルに依る孔の仕事 / 168
  • XXXVII 竪型フライス盤によるキー溝切 / 170
  • XXXVIII 總型カツタに依る綱車の溝切 / 171
  • XXXIX 丁溝カツタに依るフライス盤サドルの囘轉溝切削 / 173
  • XXXX 角度カツタに依るフライス盤スピンドル軸受の鳩尾溝切削 / 174
  • 高級作業 / 176-282
  • I 割出臺 / 178
  • II 直接割出法 / 183
  • III 齒車の理論とその工作法の原理 / 183
  • IV 單式割出法 / 199
  • V 複式割出法 / 201
  • VI 微差式割出法 / 205
  • VII 平齒車の切り方 / 234
  • VIII 角の割出法 / 238
  • IX 捩れ溝の切り方 / 249
  • X 捩れ齒車の理論とその工作法 / 258
  • 補說 / 283-299
  • I カツタの知識 / 283
  • II 新式機械の傾向 / 287
  • III ミリングの新傾向 / 295
  • IV ネヂ切フライス盤 / 298
  • 附錄 / 300-305
  • 諸表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ミリング作業法手引
著作者等 山口 巌
山口 巖
山口 巌 機械工学
書名ヨミ ミリング サギョウホウ テビキ
書名別名 Miringu sagyoho tebiki
出版元 知進社
刊行年月 昭11
ページ数 305p
大きさ 19cm
NCID BA38135414
BA65896082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46074272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想