近代俳句研究

宮田戊子 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇 近代俳句史 神畑勇
  • 第一章 宗匠俳句時代 / 1
  • 明治初年の詩歌と月並俳句 / 1
  • 第二章 新派俳句勃興史 / 10
  • 一 新派俳句勃興の背景 / 10
  • 二 日本派 / 15
  • A 子規の生涯と其事業 / 15
  • B 子規の諸俳論 / 24
  • C 晚年の子規及日本俳句の普及 / 37
  • D 子規門の人々 / 45
  • E 子規の俳句と其結社の特性及俳壇勢裂の史的考察 / 57
  • 三 日本派以外の新派俳壇 / 64
  • A 紫吟社・筑波會 / 64
  • B 秋聲會・半面派 / 77
  • 四 日本派とその他の俳結社との鬪爭 / 92
  • 第三章 新傾向運動と自由律俳句發達史 / 103
  • 一 新傾向前史 / 103
  • 二 新傾向諸派と其運動 / 109
  • A 自由律への過渡的形態としての日本俳句及其發展 / 109
  • B 層雲派の唯美的印象主義と其發展 / 122
  • C 海紅派の自然主義的傾向と其發展 / 138
  • 三 新傾向發生と其背景 / 157
  • 四 改良主義及折衷主義諸派 / 164
  • 大須賀乙字の國粹的俳論及石楠派の民族詩 / 164
  • 五 定型諸派 / 173
  • A ホトトギスの平明・餘韻說と寫生論 / 173
  • B 東洋城の古典的・情緖的傾向と其反動化 / 186
  • C 懸葵・藻の花・曲水等の定型 / 198
  • 結語 / 208
  • 後篇 個人硏究
  • 第一章 宗匠俳句(永機・幹雄・雀志) 宮田戊子 / 213
  • 第二章 新派俳句 / 224
  • 日本派 一(子規・漱石・虛子) 神畑勇 / 224
  • 日本派 二(靑々・露月・鳴雪) 宮田戊子 / 252
  • 秋聲會 (紅葉・竹冷・松宇) 山口行 / 273
  • 第三章 新傾向と自由律派 / 289
  • 新傾向派(碧梧桐・碧童・三汀) 兼崎地橙孫 / 289
  • 自由律派 一(井泉水・放哉・裸木) 秋山秋紅蓼 / 324
  • 自由律派 二(一碧樓・和露・櫻醜子) 竹下竹人 / 346
  • 定型・折衷諸派(乙字・東洋城・水巴) 神畑勇 / 361
  • 卷末に 宮田戊子 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代俳句研究
著作者等 宮田 戊子
書名ヨミ キンダイ ハイク ケンキュウ
書名別名 Kindai haiku kenkyu
出版元 楽浪書院
刊行年月 昭和9
ページ数 376, 3p
大きさ 20cm
NCID BA54376182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46083757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想