日本の漢字のプリンシプル

小池清治 著

日本の漢字は、原則として複数の「音」と「訓」をもつ、文字とことばとの関係がゆるやかな"ユル文字"である。中国では"キッチリ文字"だった漢字は、なぜ日本に来て"ユル文字"になったのか?日本語は、不思議な"ユル文字"=漢字とともに、生き残っていけるのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不思議なことに、「私は日本人です。」が読めない!
  • 「日本橋」(にほんばし)と「日本橋」(にっぽんばし)
  • 「ニホン」は誤読から生まれた!
  • 「鳥瞰図」は「トリアエズ」とは読まない!
  • 「大石良雄」は「おおいしよしお」ではなかった!
  • 漢字滅亡の危機を救ったものは何か?
  • 中国における漢字1 その誕生と書体の変遷
  • 中国における漢字2 その成り立ち
  • 中国における漢字3 その仕組み・使い方
  • 中国における漢字4 その組み立て
  • 中国における漢字5 現在の中国の漢字
  • 日本の漢字1 漢字の伝来
  • 日本の漢字2 仮名の開発と漢字の変質
  • 日本の漢字3 漢字の現在と未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の漢字のプリンシプル
著作者等 小池 清治
書名ヨミ ニホン ノ カンジ ノ プリンシプル
書名別名 The principles of the kanji

Nihon no kanji no purinshipuru
出版元 ポット
刊行年月 2010.4
ページ数 157p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7808-0144-6
NCID BB02059490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21753268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想