解明・昭和史 : 東京裁判までの道

筒井清忠 編

最近の昭和史研究の進展にはめざましいものがある。すでに破棄されたり失われたと考えられていた原史料が現れたり、海外の史料を踏まえた多角的な視点の研究が行われたりして、次々と過去の歴史像は塗り替えられている。ところがこの成果が一般に知られることは少ない。そこでたとえば、"張作霖爆殺はコミンテルンの陰謀だった""東京裁判の被告席の数でA級戦犯の数が決まった"などの俗説が、典拠不明のままあたかも真実のように流布することになる。政党政治の始まりから日本が東京裁判を経験するまでの昭和史の14のポイントを、一番詳しい研究者たちが信頼できる史料をもとに徹底的に検証。最新の研究成果で読み解いた昭和史の決定版「大人のための教科書」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回普通選挙-二大政党による大衆政治の幕開け
  • 張作霖爆殺事件-軍人の政治化の原点
  • ロンドン軍縮条約-国際協調と二大政党政治下の海軍
  • 満州事変-「実態」と「解釈」を整理する
  • 血盟団事件 五・一五事件-裁判記録から読み解く
  • 天皇機関説事件-宗教と政治による学問抑圧
  • 二・二六事件-挫折した「国家改造」クーデター
  • 盧溝橋事件と日中戦争の展開-いかにして世界戦争の一部となるに至ったか
  • ノモンハン事件-日ソ関係の転換
  • 日独伊三国同盟-破滅を招いた選択と誤算
  • 近衛新体制-大政翼賛会とは何だったのか
  • 日米交渉と開戦-「東郷変節」の謎に迫る
  • 終戦-無条件降伏をめぐる論争
  • 東京裁判-昭和の戦争の帰着点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解明・昭和史 : 東京裁判までの道
著作者等 井口 治夫
北 博昭
古川 隆久
奈良岡 聰智
小池 聖一
川島 真
戸部 良一
日暮 吉延
服部 聡
村井 良太
横手 慎二
筒井 清忠
蓑原 俊洋
長尾 竜一
書名ヨミ カイメイ ショウワシ : トウキョウ サイバン マデノ ミチ
書名別名 Kaimei showashi
シリーズ名 朝日選書 866
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.4
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259966-7
NCID BB01679219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21753269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ノモンハン事件 横手慎二
ロンドン軍縮条約 村井良太
二・二六事件 筒井 清忠
天皇機関説事件 長尾龍一
張作霖爆殺事件 戸部良一
日独伊三国同盟 服部聡
日米交渉と開戦 簑原俊洋
東京裁判 日暮吉延
満州事変 小池聖一
盧溝橋事件と日中戦争の展開 川島真
第1回普通選挙 奈良岡聰智
終戦 井口治夫
血盟団事件五・一五事件 北博昭
近衛新体制 古川隆久
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想