物語を旅するひとびと

増淵敏之 著

「聖地巡礼」-映画やドラマのロケ地、マンガやアニメの原作地には観光客が集まる。コンテンツを通して醸成された地域固有の"物語性""テーマ性"を観光資源として活用すること。それがコンテンツ・ツーリズムの根幹なのだ。新たな「観光資源」の創出。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コンテンツ・ツーリズムとは何か?
  • 第2章 コンテンツ・ツーリズムの歴史
  • 第3章 『北の国から』の魅力
  • 第4章 大河ドラマの魅力
  • 第5章 韓流ドラマ『冬のソナタ』の魅力
  • 第6章 「水木しげるロード」ができた理由
  • 第7章 『らき☆すた』の魅力
  • 第8章 司馬遼太郎と藤沢周平
  • 第9章 コンテンツがつくるイメージ
  • 第10章 ご当地ソングのツーリズム
  • 第11章 吉田修一を歩く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語を旅するひとびと
著作者等 増淵 敏之
書名ヨミ モノガタリ オ タビスル ヒトビト : コンテンツ ツーリズム トワ ナニカ
書名別名 コンテンツ・ツーリズムとは何か
出版元 彩流社
刊行年月 2010.4
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-1508-0
NCID BB01812283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21753970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想