明治仏教史上に於ける新居日薩

牧野内寛清 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 充洽園前後 / 1
  • 第一節 日薩と其時代 / 1
  • 第二節 幕末諸檀林及充洽園と其園主の思想 / 10
  • 第三節 薩師の生立と充洽園留學 / 15
  • 第四節 充洽園生活と其の學友 / 21
  • イ 薩師と鑑師 / 22
  • ロ 修師との關係 / 26
  • 第五節 江戶出府と駒込時代 / 27
  • イ 弘庵との關係 / 30
  • ロ 野口士政と薩師 / 31
  • ハ 中村正直、修師 / 32
  • 第二章 妙敎庵時代の薩師と宗門 / 34
  • 第一節 諸藩の廢佛と日蓮宗 / 34
  • 第二節 諸宗會盟、薩師の三敎鼎立論 / 44
  • 日蓮宗建言 / 48
  • 掟約書 / 50
  • 池上學寮建言 / 52
  • 第三章 敎部省時代の日蓮宗と薩師 / 56
  • 第一節 敎部省・大敎院・宗務局・薩師の學識と神德皇恩之說 / 56
  • 第二節 四箇格言の新解釋 / 64
  • 第三節 自由主義の勃興と不受不施派獨立の問題 / 69
  • 第四節 宗名公稱の一件 / 77
  • 第五節 宗規釐正會議 / 81
  • 第四章 薩師の改革思想の實現 / 87
  • 第一節 敎育制度の改革と其發達 / 87
  • イ 池上學寮時代 / 87
  • ロ 雙榎時代 / 97
  • ハ 小敎院・沙彌校設置 / 105
  • 試補撰擧ニ付上申書 / 114
  • 第二節 人材登用主義の實現 / 119
  • 第三節 會式執行日の改正 / 121
  • 第四節 身延山及池上入山 / 123
  • 一 身延山に於ける治績 / 123
  • 二 池上十萬人講再興 / 128
  • 第五章 布敎傳導と各宗協調の事業 / 131
  • 第一節 敎會・講社設置の盡瘁 / 131
  • 敎會大意 / 138
  • 第二節 福田會と日薩 / 139
  • 第三節 大敎院分離運動と諸寺院連名建白 / 143
  • 第四節 和敬會運動と日薩 / 149
  • 一 各宗融和と佛敎振興運動 / 149
  • 二 和敬會創立と薩師の演說釋尊論 / 154
  • 三 和敬會の活動と其他類似團體の簇生 / 160
  • 四 和敬會の中心人物 / 166
  • 第六章 薩師をめぐる人々及び著述・交友 / 170
  • 第一節 交友・門下 / 170
  • 吉田艮太涯 / 171
  • 日龜 / 173
  • 文靜 / 175
  • 日董 / 179
  • 日遙 / 181
  • 日振 / 182
  • 日晉 / 184
  • 顗山 / 185
  • 前勵 / 186
  • 文雅 / 188
  • 第二節 著述 / 189
  • 略年譜

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治仏教史上に於ける新居日薩
著作者等 牧野内 寛清
書名ヨミ メイジ ブッキョウ シジョウ ニ オケル アライ ニッサツ
出版元 明治仏教研究会
刊行年月 昭12
ページ数 210p
大きさ 20cm
NCID BA7711633X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46074180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想