碁将棋の数学的研究

福沢三八 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 第一章 瞹昧なる最善の手 / 2
  • 第二章 尨大なる競技進行の徑路數 / 3
  • 第三章 競技進行徑路の分類 / 6
  • 第四章 競技進行徑路の幾何學的意義 / 8
  • 第五章 競技進行線の分類 / 11
  • 第六章 三種競技進行線數を表す函數 / 13
  • 第七章 各種競技進行線の區別 / 18
  • 第八章 各種競技進行線數を表す函数 / 21
  • 第九章 種々の目的を以て競技する場合 / 25
  • 第十章 確率的觀測 / 27
  • 第十一章 確率上より見たる手の善惡 / 30
  • 第十二章 一手先甲手の確率を知れる場合 / 33
  • 第十三章 若干手先まで甲手の確率を知れる場合 / 36
  • 第十四章 演繹と注意 / 42
  • 第十五章 勝手に注文ある場合の確率 / 45
  • 第十六章 局面の狀況と成績 / 48
  • 第十七章 確率が相違する場合 / 52
  • 第十八章 前記の理論と實際の關係 / 59
  • 第十九章 競技の動學的意義 / 61
  • 第二十章 勝負の動學的意義 / 63
  • 第二十一章 必勝法の意義 / 64

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 碁将棋の数学的研究
著作者等 福沢 三八
福澤 三八
書名ヨミ ゴ ショウギ ノ スウガクテキ ケンキュウ
書名別名 Go shogi no sugakuteki kenkyu
出版元 丸善
刊行年月 昭和10
ページ数 66p
大きさ 22cm
NCID BA52106212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46088608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想