国訳漢文大成  文学部 第14巻

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 紅樓夢解題 / 1-3
  • 國譯紅樓夢上卷 / 1-630
  • 第一囘 甄士隱夢幻に通靈を識り、賈雨村風麈に閨秀を懷ふ / 1
  • 第二囘 賈夫人揚州城に仙逝れ、冷子興榮國府のことを演說す / 31
  • 第三囘 内兄に託して如海訓誡に酬い、外孫に接して賈母孤女を惜しむ / 52
  • 第四囘 薄命の女偏に薄命の郞に逢ひ、葫蘆の僧葫蘆案を辭判す / 78
  • 第五囘 靈石迷性仙機を解き難く、警幻多情玄訓を祕垂す / 96
  • 第六囘 賈寶玉初て雲雨の情を試み、劉老嫗一たび榮國府に進く / 125
  • 第七囘 尤氏の女獨り王煕鳳を請ひ、賈寶玉初て秦鯨卿に會ふ / 145
  • 第八囘 酒興を攔つて李奶奶懨を討、茶杯を擲て賈公子嗔を生ず / 166
  • 第九囘 風流を戀ひ情友家塾に入り、嫌疑を起し頑童學堂を鬧す / 185
  • 第十囘 金寡婦利權を貪りて辱を受け、張太醫病を論じて細に原を窮む / 201
  • 第十一囘 壽辰を慶て寧府に家宴を排り、熙鳳を見て賈瑞淫心を起す / 216
  • 第十二囘 王熙鳳相思局を毒設み、賈天祥風月鑑を正照す / 232
  • 第十三囘 秦可卿死して龍禁尉に封ぜられ、王熙鳳寧國府を協理す / 244
  • 第十四囘 林如海揚州城で捐館り、賈寶玉路で北靜王に謁す / 260
  • 第十五囘 王鳳姐權を鐵檻寺に弄し、秦鯨卿趣を饅頭菴に得 / 276
  • 第十六囘 賈元春鳳藻宮に才選になり、秦鯨卿黃泉路天遊す / 290
  • 第十七囘 大觀園に才を試て對額に題し、怡紅院に路を迷ひ深幽を探る / 312
  • 第十八囘 元宵を慶はんと賈元春歸省し、情人を助んと林黛玉詩を傳ふ / 335
  • 第十九囘 情切切良宵花語を解し、意綿綿靜日玉香を生ず / 362
  • 第二十囘 王熙鳳正言して妬意を彈じ、林黛玉俏語嬌音謔ける / 388
  • 第二十一囘 賢襲人嬌嗔て寶玉を箴め、俏平兒軟語く賈璉を救ふ / 404
  • 第二十二囘 曲文を聽て寶玉禪機を悟り、燈謎を製し賈政讖語を悲む / 421
  • 第二十三囘 西廂記の妙詞戲語に通じ、牡丹亭の艶曲芳心を警しむ / 443
  • 第二十四囘 醉金剛財を輕んじ義俠を尚び、癡女兒帕を遺して想思を惹く / 459
  • 第二十五囘 魔法を魘られ姊弟五鬼に逢ひ、紅樓夢通靈雙眞に遇ふ / 481
  • 第二十六囘 蜂腰橋に言を設けて心事を傅へ、瀟湘館に春困幽情を發す / 504
  • 第二十七囘 滴翠亭に楊妃彩蝶に戲れ、埋香塚に飛燕殘紅に泣く / 524
  • 第二十八囘 蔣玉菡茜香羅を情贈し、薛寶釵紅麝串を羞籠す / 542
  • 第二十九囘 福を享る人福深く還福を禱り、癡情の女情重く愈よ情を斟む / 571
  • 第三十囘 寶釵扇を借て機は雙敲を帶び、齡官薔を劃て癡は局外に及ぶ / 595
  • 第三十一囘 扇子を撕て千金の一笑を作し、麒麟に因り白首の雙星を伏す / 611
  • 原本紅樓夢 自第一囘至第三十一囘 / 1-195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国訳漢文大成
書名ヨミ コクヤク カンブン タイセイ
巻冊次 文学部 第14巻
出版元 国民文庫刊行会
刊行年月 昭和9-10
版表示 4,5版
ページ数 20冊
大きさ 22-23cm
全国書誌番号
46088551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想