土壌と肥料

麻生慶次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • 改訂版序
  • 前編 土壤 / 1
  • 一 農家と土壤 / 1
  • 二 土壤と植物 / 3
  • 三 土壤の生成 / 9
  • 四 氣候と土壤 / 14
  • 五 風化生成物の運搬 附 土壤の形成 / 16
  • 六 土壤中鹽基流失(脫磠作用)と鹽基集積 / 18
  • 七 岩石風化に於ける成分の增減と結果物 / 20
  • 八 土壤中の有機物及び微生物 / 23
  • 九 土壤中腐植の集積 / 32
  • 一〇 土壤型 / 40
  • 一一 土粒及び土壤の理學的組成分 / 46
  • 一二 土壤の膠質成分 / 49
  • 一三 土壤の分類 / 58
  • 一四 土壤の機械的分析法 附 土壤採集法 / 61
  • 一五 土壤の構造 / 70
  • 一六 土層 附 磐層 / 75
  • 一七 土壤の色及び溫熱 / 81
  • 一八 土壤の容積、重量及び比重 / 87
  • 一九 土壤と空氣 / 92
  • 二〇 土壤と水 / 98
  • 二一 土壤と電氣 / 109
  • 二二 土壤の放射能 / 111
  • 二三 土壤の凝集力と粘着力 / 112
  • 二四 土壤の窒素 / 115
  • 二五 土壤の鑛物質成分 / 124
  • 二六 土壤の有效成分と土壤溶液 / 129
  • 二七 土壤の養分吸收作用 / 132
  • 二八 酸性土壤とアルカリー土壤 / 136
  • 二九 土壤の地力及び生產力 / 144
  • 後編 肥料 / 147
  • 一 植物の養分及び其生理作用 / 147
  • 二 植物養分の要量及び給源 / 150
  • 三 最少養分律及び報酬漸減律 / 156
  • 四 肥料及び其分類 / 158
  • 五 肥料成分の形態 / 159
  • 六 肥料の反應 / 163
  • 七 肥料成分の吸收率及び增收率 / 165
  • 八 施肥量 / 170
  • 九 肥料の配合 / 172
  • 一〇 肥料使用法 / 180
  • 一一 肥料試驗法 / 183
  • 一二 肥料の價格計算法 / 189
  • 一三 人糞尿 / 192
  • 一四 家畜の糞尿 / 198
  • 一五 鳥糞、蝙蝠糞及び蠶糞 / 203
  • 一六 魚肥類 / 206
  • 一七 骨肥類 / 210
  • 一八 動物の屍體及び廢棄物 / 212
  • 一九 綠肥 / 214
  • 二〇 油粕類 / 220
  • 二一 糠麩類 / 222
  • 二二 稿稈、稃皮、根株、落葉、蘚藻類 / 224
  • 二三 農產製造滓類 / 226
  • 二四 智利硝石 / 228
  • 二五 硫酸アンモニア / 230
  • 二六 石灰窒素 / 232
  • 二七 空中窒素固定肥料 / 235
  • 二八 過燐酸石灰 / 239
  • 二九 燐酸質雜肥 / 242
  • 三〇 加里肥料 / 244
  • 三一 厩肥 / 248
  • 三二 堆肥 / 257
  • 二三 化成肥料 / 260
  • 二四 配合肥料(調合肥料) / 263
  • 三五 間接肥料 / 263
  • 附錄 / 268
  • 一 本邦内地に於ける肥料の生產及び消費の趨勢 / 268
  • 二 自給肥料の奬勵 / 278

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 土壌と肥料
著作者等 麻生 慶次郎
書名ヨミ ドジョウ ト ヒリョウ
出版元 日本評論社
刊行年月 昭13
版表示 増訂
ページ数 284p
大きさ 19cm
NCID BA41857552
BN10034900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46066373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想