日本村落史概説

小野武夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序篇 / 1
  • 第一篇 政治村落史 / 7
  • 第一章 上代村落 / 7
  • 第二章 中世村落 / 30
  • 第三章 近世村落 / 49
  • 第四章 部落の國家的統一化(總括) / 95
  • 第二篇 自然村落の發生、形態、組織并に生長 / 99
  • 第一章 自然村落の成立 / 99
  • 第二章 自然村落の諸形態 / 110
  • 第三章 村と住民 / 133
  • 第四章 自然村落の充實と發達 / 151
  • 第五章 人と土地との結合(總括) / 167
  • 第三篇 村落の共同生活樣式 / 169
  • 第一章 村落團體生活の本源と其質的變化 / 169
  • 第二章 村と氏神 / 175
  • 第三章 部落有地 / 187
  • 第四章 近世遺存の古代的村落制 / 206
  • 第五章 村の割據性と聯合性 / 223
  • 第六章 村落の生活團體 / 240
  • 第七章 部落と共同施設 / 262
  • 第八章 村落の自主的統制 / 281
  • 第九章 共同生活樣式の變遷(總括) / 301
  • 第四篇 村落文化の交流性 / 305
  • 第一章 村落に於ける交換經濟發達の必至性 / 305
  • 第二章 村と市場(上世より近世までの變遷) / 308
  • 第三章 近世都邑の發達と村落 / 315
  • 第四章 村落文化の交流と其媒介者 / 318
  • 第五章 村落文化の潴溜と流通(總括) / 328
  • 第五篇 明治維新と村落制度 / 331
  • 第一章 明治初年に於ける自然村落の數 / 331
  • 第二章 維新後に於ける自然村落の分合 / 340
  • 第三章 維新後に於ける村落自給組織の崩壞 / 345
  • 第四章 政治村落の成立過程 / 357
  • 第五章 維新後に於ける部落有地 / 360
  • 第六章 村落制度の變革性と遺存性(總括) / 370
  • 第六篇 村落生活十考 / 375
  • 第一 琉球古代村落の片影 / 375
  • 第二 部落と農業神 / 384
  • 第三 村落人口の變遷に關する一考察 / 396
  • 第四 越中の鏡硏ぎ / 403
  • 第五 木履と村落 / 406
  • 第六 古松と民譚 / 420
  • 第七 村と火事 / 425
  • 第八 那須野の鄕藏 / 430
  • 第九 岳麓の村落生活 / 446
  • 第十 長者傳說根源 / 455

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本村落史概説
著作者等 小野 武夫
書名ヨミ ニホン ソンラクシ ガイセツ
書名別名 Nihon sonrakushi gaisetsu
出版元 岩波書店
刊行年月 昭11
ページ数 483p
大きさ 20cm
NCID BN0395068X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46069205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想