平磯郷土史

大内地山 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 常陸國に印象された史實
  • 一 神代に於ける / 1
  • 二 崇神の朝より大化以前まで / 4
  • 三 大化二年より弘仁七年まで / 8
  • 四 天長三年より久安五年まで / 14
  • 五 保元元年より嘉元四年まで / 19
  • 六 元享三年より應永三十三年まで / 23
  • 七 天長十八年より慶長八年まで / 26
  • 八 慶長十三年より大政奉還まで / 29
  • 那珂郡の沿革 / 35
  • 幡田鄕平磯里 / 39
  • 平磯村の石高と戶數 / 42
  • 平磯は何人の領分であつたか / 43
  • 二千年前の土窟 / 47
  • 謂ゆる朝命反抗者の蟠居した / 47
  • 土窟に關する史的研究 / 61
  • 一 朝鮮に於ける竪坑の土窟 / 61
  • 二 天孫降臨當時の土蜘蛛 / 72
  • 三 土蜘蛛と土窟との關係 / 73
  • 四 神武天皇時代の土蜘蛛 / 74
  • 五 手研耳命と片の大窟 / 76
  • 六 潮來の土蜘蛛征討と杵島曲 / 77
  • 七 豐後國の謂ゆる石無しの堡 / 79
  • タテハを調査研究して
  • 今の平磯町は城内であつた / 84
  • 酒列磯前神社の緣起
  • 一 二神常世國より歸り來る / 88
  • 二 御神体と乳母神の稱呼 / 90
  • 三 祭日とヤンサマチ / 92
  • 四 酒列磯前の神と酒の釀造 / 96
  • 磯崎の岬角が發現された時 / 97
  • 酒列磯前神社と水戶藩主 / 99
  • 權中納言源綱條遷座奉安文書 / 105
  • 長久保赤水の比觀亭碑文 / 107
  • 靑山延于の茇憩石記 / 112
  • 酒列磯前神社の棟記 / 114
  • 平磯前濱兩村の論爭 / 121
  • 一 酒列磯前神社の鎭守爭ひ / 121
  • 二 前濱平磯兩村の境界爭ひ / 123
  • 三 平磯村と前濱村との山論爭 / 125
  • 平磯の誇るべき徃古の文化 / 128
  • 日本一の古墳の跡を釋ねて / 128
  • 平磯と海岸防備 / 132
  • 平磯と元治甲子の戰爭 / 136
  • 一 大勝利を得て波山勢平磯に引揚ぐ / 136
  • 二 平磯村一圓市川勢に燒かる / 140
  • 三 十月十日部田野原の戰爭 / 145
  • 四 十月十六日部田野原の戰爭 / 153
  • 五 十月十七日部田野原の戰爭 / 155
  • 六 十月十八日部田野原の戰爭 / 157
  • 平磯が非常に困踣した時代 / 169
  • 平磯町の名所舊蹟 / 188
  • 平磯町の神社佛閣 / 193
  • 疎水事業功勞者 / 196
  • 大内彌惣衛門庄屋 / 196
  • 世界に誇るに足る平磯の流網 / 197
  • 平磯村の鄕士庄屋二十分一役 / 198
  • 平磯のイソの字は礒か磯か / 199
  • 平磯に關する詩歌 / 201

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 平磯郷土史
著作者等 大内 地山
書名ヨミ ヒライソ キョウドシ
出版元 茨城県那珂郡平磯町
刊行年月 昭11
ページ数 205p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46071182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想