対人援助学の可能性 : 「助ける科学」の創造と展開

望月昭, サトウタツヤ, 中村正, 武藤崇 編

[目次]

  • 1 「助ける」を継続的に実現するための対人援助学
  • 実践編 対人援助学の実践と教育の場としての「学生ジョブコーチ」
  • 2 「臨床」という実践における「対人援助学」の役割
  • 実践編 重症対人恐怖症へのACT導入-精神科デイケアにおける試み
  • 3 高齢者への支援に関わる対人援助学の応用
  • 実践編 大学という地域資源の活用
  • 4 逸脱行動と社会臨床-加害に対応する対人援助学
  • 5 支援者支援という対人援助の可能性-女性支援構築のための婦人相談員研修の実践から
  • 6 医療における対人援助のこれから
  • 7 モード2型学習としてのサービスラーニング-対人援助学との融合を目指して
  • 草の根『対人援助学』-パソコン通信時代の研究者と当事者の連携を振り返る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対人援助学の可能性 : 「助ける科学」の創造と展開
著作者等 中村 正
佐藤 達哉
望月 昭
武藤 崇
サトウ タツヤ
書名ヨミ タイジン エンジョガク ノ カノウセイ : タスケル カガク ノ ソウゾウ ト テンカイ
書名別名 Taijin enjogaku no kanosei
出版元 福村
刊行年月 2010.3
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-571-25038-5
NCID BB01509569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21817879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想