往生淨土論註概説

千葉良導 述

奥付のタイトル: 往生論註概説

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 / 1
  • 一 鸞師の思想 / 1
  • 1 當時の支那佛敎 / 1
  • 2 鸞師の事蹟 / 2
  • 3 敎系 / 3
  • 4 學系 / 4
  • 二 本論の梗槪 / 6
  • 三 註釋の價値と鸞師の獨創 / 11
  • 四 參考書 / 19
  • 本論 / 21
  • 前篇 / 21
  • 第一章 敎相 / 21
  • 第二章 論の大意及び論目と選號 / 27
  • 第一項 論の大意 / 27
  • 1 内容の價値 / 27
  • 2 内容の範圍 / 32
  • 3 經體 / 34
  • 4 論の組織分解 / 36
  • 第二項 論目と選號 / 37
  • 第三章 正釋論文 / 38
  • 第一項 三念門 / 38
  • 第二項 觀察門 / 49
  • 一 總說 / 49
  • 1 大意 / 49
  • 2 本願と莊嚴 / 51
  • 3 觀察の對境 / 52
  • 4 觀察の順序 / 56
  • 5 觀察の理由 / 56
  • 6 觀察爲正 / 57
  • 二 各說 / 59
  • 1 國土莊嚴(十七種) / 59
  • 2 佛莊嚴(八種) / 73
  • 3 菩薩莊嚴(四種) / 80
  • 第三項 回向門 / 84
  • 一 總說 / 49
  • 1 名義辨相 / 51
  • 2 作願と回向 / 52
  • 3 往相と還相 / 86
  • 4 鸞導二師の相違 / 87
  • 5 回向の根本思想 / 88
  • 二 要義解釋 / 90
  • 1 所回向衆生の分齊と凡入報土義の創唱 / 90
  • 2 逆謗の救濟に就て大觀二經の相違 / 92
  • 3 謗法の相 / 94
  • 4 逆謗の輕重 / 95
  • 5 無始の罪業と下々品念佛との輕重 / 95
  • 6 十念を釋す / 99
  • 7 下々品十念觀稱通局 / 101
  • 8 念數の記不記 / 106
  • 9 業事成辨 / 107
  • 後篇
  • 總論 / 113
  • 各說 / 116
  • 第一 論一部の精神(願偈の大意) / 116
  • 1 大意 / 116
  • 2 論釋の相違に就て / 116
  • 第二 信仰と實踐の課程(起觀生信) / 119
  • 一 大意 / 119
  • 二 生信 / 120
  • 三 起觀 / 121
  • 第三 淨土信仰の對象(觀行の體相) / 127
  • 1 器の體相 / 128
  • 2 衆生の體相 / 130
  • 第四 對象の實體と形相との相互關係(淨入心願) / 137
  • 第五 願生の實行運動(善巧攝化) / 141
  • 第六 往生の實果獲得への心的内容其の一、消極的(障菩提門) / 144
  • 第七 其の二、積極的(順菩提門) / 145
  • 第八 願生心の内容眞價(名義攝對) / 146
  • 第九 宗敎的要求の逹成其の一(願事成就) / 149
  • 第十 其の二(利行滿說) / 151
  • 1 名義 / 151
  • 2 五念と五門との關係 / 153
  • 3 蓮華藏世界 / 155
  • 4 自利々他滿足 / 156
  • 5 早作佛 / 157
  • 6 他力の信仰 / 157
  • 總結 / 159

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 往生淨土論註概説
著作者等 千葉 良導
曇鸞
書名ヨミ オウジョウ ジョウド ロンチュウ ガイセツ
書名別名 往生論註概説
出版元 近江屋書店
刊行年月 1933
ページ数 160p
大きさ 23cm
NCID BN12195671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21349827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想