商品配給論

小林行昌 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 配給の意義及其硏究 / 1
  • 第二章 配給機能 / 10
  • 第一節 配給の本質と對外關係 / 10
  • 第二節 配給機關の經濟機能 / 33
  • 第一項 總說 / 33
  • 第二項 集貨機能 / 41
  • 第三項 選別機能及荷造 / 45
  • 第四項 保管機能 / 49
  • 第五項 輪送機能 / 63
  • 第六項 金融機能 / 67
  • 第七項 危險負擔の機能 / 80
  • 第八項 危險の對應策 / 90
  • 第九項 市場分析機能 / 109
  • 第十項 財界豫測の機能 / 116
  • 第十一項 需要喚起の機能及販賣 / 126
  • 第三章 配給機關 / 131
  • 第一節 總說 / 131
  • 第二節 消費者への配給機關 / 138
  • 第一項 總說 / 138
  • 第二項 營利的小賣配給機關 / 144
  • 第三項 準營利的小賣配給機關 / 171
  • 第四項 非營利的小賣配給機關 / 175
  • 第五項 市場の分類及卸賣市場 / 200
  • 第四章 配給の目的物(商品) / 237
  • 第一節 總說 / 237
  • 第二節 商品の分類 / 240
  • 第三節 商品配給上の區別 / 246
  • 第五章 商人排除論 / 261
  • 第一節 緖說 / 261
  • 第二節 商人排除の理由 / 262
  • 第一項 商人の利潤の過當 / 262
  • 第二項 中間商人の段階 / 282
  • 第三項 商人の數の過多 / 285
  • 第四項 學者側の商業觀 / 301
  • 第三節 商人排除の手段 / 306
  • 第四節 結論 / 308
  • 第六章 中小商業の經濟狀態 / 316
  • 第一節 中小商業の經濟的地位 / 316
  • 第二節 中小商業の經營狀態 / 320
  • 第三節 中小商人窮乏の原因 / 324
  • 第七章 中小商人と商業組合 / 330
  • 第一節 商業組合の輪廓 / 330
  • 第二節 商業組合の誕生と其改正 / 333
  • 第三節 商業組合の事業 / 336
  • 第四節 商業組合の發達と現狀 / 352
  • 第五節 商業組合の弱點と經營の中心 / 364
  • 第八章 支那事變下商店關係の經濟統制 / 370
  • 第一節 事變下政府の政策 / 370
  • 第二節 事變下價格に關する諸政策 / 378
  • 第三節 事變下の配給統制 / 389
  • 第四節 米穀配給の革新 / 402
  • 附錄 商店統計表
  • 其一 要約表
  • 其二 經營規模
  • 其三 開業年次別營業所數
  • 其四 小賣商同業夥多と經營狀態並に缺損業種、百貨店被重壓業種
  • 其五 資本金額別小賣經營比較
  • 其六 小賣配給高分配、百貨店との賣上比較
  • 其七 東京市(舊市域)に於ける業種別販賣店數竝に一店當消費世帶數
  • 其八 東京市の小賣商業槪況(大東京全體)
  • 其九 大阪市に於ける小賣商の現狀
  • 其十 各都市小賣商一店當人口表
  • 其十一 鹽賣渡價格及交付金表
  • 其十二 東京市民の購買動機
  • 其十三 商業組合道府縣別業種別一覽表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 商品配給論
著作者等 小林 行昌
書名ヨミ ショウヒン ハイキュウ ロン
書名別名 Shohin haikyu ron
出版元 巌松堂
刊行年月 昭14
版表示 改訂8版
ページ数 443p
大きさ 23cm
NCID BN14560723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46058116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想