支那に於ける列強の工作とその経済勢力

原勝 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 ソ聯の對支工作の現段階 / 9
  • 一 國内の軍事的動員 / 9
  • 二 クレムリンの國際外交 / 12
  • 三 ソ聯の南京政府に對する態度 / 24
  • 四 支那邊疆に於けるソ聯の地位 / 28
  • 五 結語 / 35
  • 第二章 英國の對支工作の現段階 / 36
  • 一 支那本土に於ける英勢力の動搖 / 36
  • 二 南支の英勢力擴大強化策 / 44
  • 三 印度を守る軍事的城砦 / 46
  • 四 西藏を守る城砦の延長線 / 47
  • 1 新疆に於ける英國の地位 / 48
  • 2 四川に於ける英國の地位 / 50
  • 3 西康に於ける英國の地位 / 51
  • 五 結語 / 53
  • 第三章 米國の對支工作の現段階 / 54
  • 一 現段階の諸條件 / 54
  • 二 米資本主義の國内狀勢 / 55
  • 三 後方陣地に待機する米國の對支政策 / 59
  • 四 太平洋制覇を策する米國の工作 / 65
  • 第四章 日・英・米の在支貨幣戰 / 68
  • 一 世界貨幣戰の動向 / 68
  • 二 極東=支那貨幣戰の參加者 / 71
  • 三 米金融資本の戰略上の方策 / 73
  • 四 英國の『以退爲進』の策略 / 79
  • 五 日本の獨占的出路の前途 / 85
  • 六 貨幣戰下の支那の危機 / 88
  • 七 幣制改革後の三列强の貨幣戰 / 94
  • 八 結語 / 98
  • 第五章 英國の在支經濟勢力の解剖 / 102
  • 一 英國外交政策の變遷 / 102
  • 二 英國の對支貿易上の地位 / 105
  • 三 英國の對支投資の足跡 / 111
  • 四 結語 / 124
  • 第六章 米國の在支經濟勢力の解剖 / 126
  • 一 アメリカ資本主義の特殊性と現段階 / 126
  • 二 門戶開放政策の積極性 / 128
  • 三 米國の對支貿易の現段階 / 133
  • 四 對支投資關係の分析 / 143
  • 五 英米と日米の對立關係 / 152
  • 第七章 佛國の在支經濟勢力の解剖 / 155
  • 一 佛國の對支政治的動向 / 155
  • 二 佛帝國主義の雲南進出 / 158
  • 三 滇越鐵道の地位 / 159
  • 四 遞信權の壟斷的干犯 / 162
  • 五 金融上の支配的地位 / 163
  • 六 雲南貿易上の地位 / 165
  • 七 文化侵略の開拓者天守敎 / 167
  • 八 邊疆地帶を蠶食する佛帝國主義 / 169
  • 第八章 ソ聯の在支經濟勢力の解剖 / 170
  • 一 ソ支經濟關係略述 / 170
  • 二 革命後のソ支貿易 / 172
  • 三 ソ聯のソ支貿易上の地位 / 174
  • 四 ソ聯の對支貿易政策 / 182
  • 第九章 ソ聯と新疆の貿易關係 / 190
  • 一 ソ新貿易發達序史 / 190
  • 二 ロシア革命後のソ新貿易 / 192
  • 三 ソ新の經濟的一元關係 / 201
  • 第十章 ソ聯と蒙古の經濟關係 / 204
  • 一 ソ聯の指導下にある蒙古 / 204
  • 二 ソ聯の蒙古貿易上の地位 / 207
  • 附錄 對支國際借款團の史的經緯 / 216
  • 一 市塲先取時代の借款 / 216
  • 二 日露戰爭後の英佛獨三國の鐵道借款 / 227
  • 三 四ケ國借款團 / 237
  • 四 六ケ國借款團 / 249
  • 五 歐洲大戰中の國際借款團 / 262
  • 六 米國の新借款提議 / 268
  • 七 新四國借款團成立後の活動 / 286

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那に於ける列強の工作とその経済勢力
著作者等 原 勝
書名ヨミ シナ ニ オケル レッキョウ ノ コウサク ト ソノ ケイザイ セイリョク
書名別名 Shina ni okeru rekkyo no kosaku to sono keizai seiryoku
出版元 学芸社
刊行年月 昭11
ページ数 299p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46056174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想