生田長江全集  第1巻

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 明治文學槪說 / 1
  • 第一章 明治文化と明治文學 / 2
  • 第二章 明治文學の時代區分について / 12
  • 第三章 混沌期 / 19
  • 第四章 第一播種期 / 30
  • 第五章 第一收穫期 / 37
  • 第六章 第二播種期 / 49
  • 第七章 第二收穫期 / 59
  • 第八章 第三播種期 / 63
  • 大正文藝史槪觀 / 79
  • -自然主義よりプロレタリア文學迄-
  • 明治大正時代文學再檢討の檢討 / 101
  • 實生活と藝術と、創作と批評家と / 127
  • -「最近の小說家」への序-
  • 夏目漱石氏を論ず / 133
  • 鷗外先生と其事業 / 173
  • 夏目漱石氏と森鷗外氏と / 183
  • 田山花袋氏を論ず / 197
  • 小說家としての島崎藤村氏 / 217
  • 泉鏡花氏の小說を論ず / 239
  • 德田秋聲氏を論ず / 259
  • 眞山靑果氏を論ず / 277
  • 正宗白鳥氏を論ず / 293
  • 人として藝術家としての森田草平氏 / 307
  • 芥川龍之介氏の死とその藝術 / 355
  • -餘り具體的にでなく-
  • 谷崎潤一郞氏の現在及び將來 / 369
  • 自然主義論 / 407
  • 第一章 自然主義とは何ぞや / 408
  • 第二章 自然主義の理想 / 409
  • 第三章 自然主義の實際 / 415
  • 第四章 自然主義本來の價値 / 421
  • 第五章 吾人は自然主義者也 / 424
  • 第六章 自然主義と寫實主義 / 426
  • 第七章 自然主義と象徵主義 / 429
  • 第八章 日本に於ける自然主義 / 441
  • 自然主義より象徵主義へ / 453
  • 小栗風葉論 / 459
  • 一 序論
  • 二 風葉の藝術的良心
  • 三 外來思想の影響
  • 四 作物の主觀的傾向
  • 五 意味ある物 倫理問題
  • 橫瀨夜雨君の『花守日記』を讀む / 495
  • 長篇短篇の差別を論じて小說界近時の通弊に及ぶ / 501
  • 批評家論 / 515
  • 小山内薰氏を論ず / 523
  • 告白文學と道德的反省 / 535
  • 送相馬御風君歸北越序 / 549
  • 地方文學の振興と其根本的素養 / 563
  • 主義問題に關する惡常識 / 577
  • 自然主義前派の跳粱 / 583
  • 最近思潮の一逆轉 / 595
  • -編輯者の爲めを思つてちとばかり大袈裟に-
  • 重ねて自然主義前派を論ず / 605
  • -赤木桁平君に答ふ-

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生田長江全集
著作者等 生田 長江
書名ヨミ イクタ チョウコウ ゼンシュウ
巻冊次 第1巻
出版元 大東出版社
刊行年月 昭11
ページ数 5冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
46044291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想