海商法研究  第6巻

小町谷操三 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 海難救助論 / 1
  • はしがき / 1
  • 一 海難救助義務 / 4
  • 二 海難救助の效果 / 14
  • 三 救助料請求權の發生要件 / 31
  • 1 救助料請求權の阻却原因 / 32
  • A 故意過失による海難の惹起 / 36
  • B 救助の拒絕 / 41
  • C 隱匿又は不當處分 / 49
  • 2 人命救助と救助料請求權の發生要件 / 53
  • 海難救助の要件 / 61
  • はしがき / 61
  • 一 海難救助の目的物 / 62
  • 二 海難 / 66
  • 三 救助の成功 / 75
  • 四 自發的行爲 / 84
  • 海難救助法と水難救護法との關係に就て / 109
  • 積荷豫定保險契約論 / 125
  • 第一節 緖論 / 125
  • 第二節 沿革 / 134
  • 第三節 效用 / 138
  • 第四節 性質 / 140
  • 第五節 保險契約者の義務 / 144
  • 第一款 船積通知義務 / 144
  • 第二款 船積通知と『倉庫より倉庫まで』約款との關係 / 160
  • 第三款 吿知義務 / 167
  • 第六節 保險者の義務 / 170
  • 第一款 保險金支拂義務 / 170
  • 第二款 保險證券交付義務 / 181
  • 第七節 豫定保險契約の解約 / 186
  • 第八節 豫定保險契約に於ける重複保險 / 188
  • 衝突責任擔保約款の硏究 / 197
  • 文獻 / 197
  • 第一節 衝突責任擔保約款の必要 / 198
  • 第二節 沿革 / 201
  • 第三節 船舶保險との關係 / 206
  • 第四節 衝突責任による損害の填補請求權者 / 219
  • 第五節 衝突責任と填補義務の發生要件 / 220
  • 第一款 衝突 / 221
  • 第二款 損害賠償 / 230
  • 第一項 損害の範圍 / 230
  • 第二項 被保險者の賠償 / 234
  • 第一目 賠償すべき法律上の義務の負擔 / 235
  • 第二目 損害の現實なる賠償 / 244
  • 第六節 損害の填補 / 247
  • 第一款 塡補額 / 247
  • 第二款 塡補額の計算 / 263
  • 海事判例硏究 / 283
  • 一 二十噸未滿の船舶と海商法の適用 / 283
  • 二 船荷證券の形式-荷送人、運送品運送賃等の記載方法-二十噸未滿の船舶と海商法の適用 / 290
  • 三 運送取扱人の責任 / 300
  • 四 不法行爲と時效の起算點-公用船と商船との衝突と適用法規 / 307
  • 五 傭船契約と船舶賃貸借との區別-甲板積運送品に對する注意義務-船主の再傭船者に對する責任 / 318
  • 六 海難救助の要件 / 326
  • 七 再保險者の代位權と元受保險者の地位-雙方過失による海上衝突と適用法規 / 334
  • 八 英國法による海上保險證券の有價證券性・その差押方法 / 358
  • 事項索引 / 371
  • 條文索引 / 381

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海商法研究
著作者等 小町谷 操三
書名ヨミ カイショウホウ ケンキュウ
書名別名 Kaishoho kenkyu
巻冊次 第6巻
出版元 有斐閣
刊行年月 昭和18
ページ数 389p
大きさ 21cm
全国書誌番号
46035613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想