演出論

八田元夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 1
  • 第一章 演出總論 / 15
  • 緖言 / 15
  • 演出とは何か / 21
  • 歷史的に見て / 23
  • 演出者は何をするか / 27
  • 演出の用意 / 31
  • 演出ブランは藝術的構想である / 32
  • 演出と戯曲 / 34
  • 演出と俳優 / 35
  • 副次的修飾的要素との關係 / 37
  • A 舞臺裝置
  • B 照明
  • C 音樂及び音響効果
  • D 映畫
  • 結び / 41
  • 第二章 演出史抄 / 42
  • 演出前史 / 42
  • 作家と俳優の分離 / 47
  • 演出部内の確立 / 51
  • 新しき器には新しき / 53
  • 近代演劇の試驗管的實踐 / 59
  • ブルジヨア演出の完成 / 63
  • 大戰後の諸演出者 / 67
  • ソヴエート演出の動向 / 72
  • 第三章 演出方針の構成 / 79
  • A 戯曲の選擇 / 79
  • 材料と内容と / 79
  • 演劇性と文學性 / 83
  • 戯曲選擇の重要さ / 87
  • B TEXT REGIE / 89
  • 演出者の準備 / 90
  • 脚本の分析解釋 / 93
  • 綜合への準備、調査、修正 / 102
  • テキストレヂーの意義 / 107
  • C 演出方針の構成 / 110
  • 全體的整備 / 110
  • 焦點の設定 / 113
  • 演出實踐の方向 / 117
  • 第四章 演劇の形成過程 / 128
  • -演出方法總論-
  • 演出スタツフ / 128
  • 臺本の作製 / 131
  • 稽古 / 136
  • イ 演出プランの傳達 / 136
  • ロ 讀合せ / 140
  • ハ 演技プランの提出 / 141
  • ニ 立稽古 / 144
  • ホ 通稽古 / 145
  • へ 總稽古 / 147
  • ト 舞臺稽古 / 147
  • 付、演出臺本の造り方 / 148
  • 第五章 演技指導論 A / 200
  • 演技内容の把握について
  • 演技指導の意義 / 200
  • おほねを摑ませること / 203
  • 總譜の壓縮 / 205
  • 形象の把握 / 209
  • 俳優技術の二元性 / 210
  • 二元性の統一 / 213
  • 演技の連續性と非連續性 / 217
  • 演技ブランと俳優の創意性 / 219
  • モデルの問題 / 225
  • かんといきについて / 228
  • 第六章 演技指導論 B / 232
  • 言葉プラス動作-演技 / 232
  • 演技-表現の種類について / 237
  • 稽古の意義について / 243
  • 演出の仕上げの仕事 / 250
  • 第七章 演出に於けるリアリズム / 257
  • 全體と部分と / 257
  • 典型的情勢に於ける典型的性格 / 259
  • リアリテイのモメント / 260
  • 生活と眞實と / 266
  • 付 演出年表
  • 裝幀 島公靖

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 演出論
著作者等 八田 元夫
書名ヨミ エンシュツロン
書名別名 Enshutsuron
出版元 テアトロ社
刊行年月 昭12
ページ数 272p
大きさ 20cm
NCID BA4188972X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46046466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想