海商法研究  第5巻

小町谷操三 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 荷渡指圖證論 / 1
  • はしがき / 2
  • 一 船荷證劵の所持人の發行する荷渡指圖證 / 8
  • 二 埠頭經營者に宛てたる荷渡指圖證 / 14
  • 三 船主の發行する荷渡指圖證 / 32
  • 四 荷渡指圖證と提供の問題 / 43
  • 船荷證劵所持人の競合を論ず / 47
  • はしがき / 47
  • 一 陸揚港に於ける複本所持人の競合 / 51
  • 二 陸揚港以外の場所に於ける複本所持人の競合 / 72
  • 船荷證劵に於ける免責約款の解說 / 75
  • はしがき / 76
  • 第一節 免責約款と商法第五九二條との關係 / 78
  • 第二節 免責約款の解釋方法 / 83
  • 第三節 免責約款の分類及び解說 / 91
  • 第一項 總說 / 91
  • 第二項 責任自體を排除する約款 / 92
  • 第三項 責任と輕減する約款 / 111
  • 再運送契約論 / 135
  • 一 海上運送人の資格の變遷 / 136
  • 二 再運送契約の意義及び型態 / 140
  • 三 再運送契約の性質 / 144
  • 四 再運送契約の沿革及び立法例 / 146
  • 五 再運送契約の自由 / 149
  • 六 商法第六一二條の根據 / 152
  • 七 適用範圍の擴張か制限か / 160
  • 八 傭船者は船荷證劵を作成しうるや / 165
  • 九 再運送人の責任 / 176
  • 一〇 狹義の再運送契約 / 185
  • (1) 商法第六一二條適用の要件 / 185
  • (2) 船荷證劵に於ける傭船契約の引用 / 192
  • (3) 船荷證劵の作成に關する傭船契約上の特約 / 197
  • (4) 主たる運送人の權利 / 201
  • (5) 運送賃の淸算 / 208
  • (6) 運送賃に對する先取特權 / 210
  • 商事留置權に關する二三の疑點 / 213
  • 船舶保險契約に於ける堪航能力擔保義務 / 235
  • 一 堪航能力の意義 / 236
  • 二 堪航能力擔保の時期 / 239
  • 三 堪航能力の繼續 / 241
  • 四 期間保險と堪航能力擔保の時期及び繼續 / 246
  • 五 堪航能力の內容 / 249
  • 六 堪航能力擔保義務と過失との關係 / 258
  • 七 堪航能力擔保義務違反と損害との因果關係 / 264
  • 八 擧證責任 / 271
  • 九 堪航能力擔保義務免除の效力 / 273
  • 一〇 積荷保險と堪航能力擔保義務 / 278
  • 海上運賃保險に就て / 281
  • はしがき / 281
  • 一 運送賃の被保險利益 / 288
  • 二 保險の始期及び終期 / 301
  • 三 損害の塡補 / 311
  • a 總說 / 312
  • b 保險事故 / 315
  • c 損害塡補額 / 327
  • d 保險者の免責事由 / 331
  • 海事判例硏究 / 337
  • 第一章 船舶及び船舶所有者 / 337
  • 一 船舶所有權の卽時取得 / 337
  • 二 船舶に對する强制執行の方法 / 341
  • 三 船舶所有者の責任 / 350
  • 海商法の適用範圍の擴張 / 350
  • 條件附免責委付の效力 / 350
  • 四 船舶の賃貸借と船舶所有者の責任 / 361
  • 海上衝突豫防法第二九條の解釋 / 361
  • 五 船舶賃貸借と船員の給料債務者 / 368
  • 賃借權の不登記とその船舶先取特權者に對する關係 / 368
  • 六 被用者の過失と使用者の責任 / 374
  • 轉借船舶の船員の過失と轉借人及び賃借人の賃貸人に對する責任 / 374
  • 第二章 船員 / 383
  • 七 船長の注意義務 / 383
  • 第三章 運送 / 389
  • 第一節 物品運送 / 389
  • 第一款 總則 / 389
  • 八 割合運送賃の發生要件 / 389
  • 九 船舶所有者の無過失損害賠償責任 / 394
  • 船員の輕過失に對する免責特約の效力 / 394
  • 一〇 所謂定期傭船契約の性質 / 401
  • 商法第六一二條の適用範園 / 401
  • 民法第一五三條所定の期間の起算點 / 401
  • 一一 荷受人の地位 / 414
  • 一二 船荷證劵の不發行と荷受人の地位 / 430
  • 第二款 船荷證劵 / 436
  • 一三 船長と船荷證劵作成の委任權 / 436
  • 一四 商業登記の公信力 / 442
  • 貨物引換證によらざる物品の引渡と運送取扱人の責任 / 442
  • 形式の不備と貨物引換證の效力 / 442
  • 一五 運送賃の記載の欠缺と船荷證劵の效力 / 458
  • 一六 貨物引換證の形式の欠缺とその效力 / 465
  • 一七 運送品の重量若くは容積の記載の欠缺と船荷證劵の效力 / 470
  • 一八 倉荷證劵と引換に非ざる寄託物の引渡と倉荷證劵所持人に對する責任 / 477
  • 一九 貨物引換證所持人と運送品の善意取得者との關係 / 485
  • 二〇 荷爲替取引と同時履行の抗辯 / 489
  • 二一 船舶賃借人と船荷證劵に基く責任 / 491
  • 二二 通船荷證劵に關する若干の問題 / 495
  • 民法第七〇七條に所謂證書の意義 / 495
  • 第二節 旅客運送 / 505
  • 二三 船員の船燈に關する注意義務 / 505
  • 第四章 海損 / 510
  • 二四 共同海損たる費用と海上先取特權 / 510
  • 第五章 海難救助 / 533
  • 二五 海難救助料の請求と船長の權限 / 533
  • 第六章 保險 / 544
  • 二六 保險事故と保險者の免責事由との關係及び立證責任 / 544
  • 二七 保險委付により保險者の取得する權利と損害賠償請求權 / 555
  • 保險委付による損害賠償請求權の移轉と民法第四六七條 / 555
  • 二八 保險證劵の性質 / 564
  • 記名式の場合 / 564
  • 指圖式の場合 / 564
  • 附錄 / 575
  • 上坂酉三著・海上賣買論(昭和九年) / 575
  • 山戶法學士著『船舶衝突論』を讀む / 591
  • シフ賣買に關する新統一規則 --ワルソー・オックスフォード規則-- / 596
  • 626
  • 事項索引 / 1
  • 條文索引 / 19
  • 補遺 / 35
  • 總目次 / 59

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海商法研究
著作者等 小町谷 操三
書名ヨミ カイショウホウ ケンキュウ
書名別名 Kaishoho kenkyu
巻冊次 第5巻
出版元 有斐閣
刊行年月 昭12
ページ数 643, 76p
大きさ 23cm
全国書誌番号
46047091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想