異邦の香り : ネルヴァル『東方紀行』論

野崎歓 著

「東方の甘美な香りに誘われ、女性探求の旅が始まる…」プルーストが、サイードが愛した"世界"文学の先駆者ネルヴァルの傑作を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遊歩への誘い
  • 旅人が名前を失うとき
  • 女の都
  • 女神の島
  • 迷路の中へ
  • 逆説と真理
  • 奇想のピラミッド
  • レバノンの一角獣
  • 惑乱するカリフ
  • 夢の波
  • 地底世界とフロイト
  • 幻想的家系図
  • 寛容の帝国
  • 蕩児の帰還
  • 夜の果てへの旅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異邦の香り : ネルヴァル『東方紀行』論
著作者等 野崎 歓
書名ヨミ イホウ ノ カオリ : ネルヴァル トウホウ キコウ ロン
書名別名 Parfum exotique

Iho no kaori
シリーズ名 東方紀行
出版元 講談社
刊行年月 2010.4
ページ数 437p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-216176-3
NCID BB0183758X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21744148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想