行幸宴歌論

廣岡義隆 著

[目次]

  • 第1章 題詞・左注の論
  • 第2章 河口での風流
  • 第3章 序歌としての聖武天皇詠
  • 第4章 四泥能埼での歌
  • 第5章 狭残行宮にて
  • 第6章 多度山美泉と田跡河の瀧
  • 第7章 関歌の様相
  • 終章 行宮作歌攷
  • 付篇1 鼎談 三重の萬葉と歴史-天平十二年の聖武天皇による関東行幸
  • 付篇2 倭歌暗黒の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行幸宴歌論
著作者等 広岡 義隆
廣岡 義隆
書名ヨミ ギョウコウ エンカ ロン
書名別名 Gyoko enka ron
シリーズ名 万葉集 403
研究叢書 403
出版元 和泉書院
刊行年月 2010.3
ページ数 228p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7576-0548-0
NCID BB01506673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21746797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想