概説浄土宗史

恵谷隆戒 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 / 1
  • 一 淨土宗史とは何ぞや / 1
  • 二 淨土宗史硏究の目的 / 3
  • 三 淨土宗史の區分 / 5
  • 本論 / 8
  • 第一篇 開創期 / 8
  • 第一章 開創期に於ける佛敎文化の槪要 / 8
  • 第二章 宗祖の立敎開宗 / 15
  • 一 立敎開宗 / 15
  • 二 宗祖の略傳 / 21
  • 三 宗祖滅後の法難 / 30
  • 第三章 宗祖門下の異流 / 42
  • 一 成覺房幸西の一念義 / 44
  • 二 長樂寺隆寬の多念義 / 47
  • 三 善慧房證空の西山義 / 50
  • 四 學明房長西の諸行本願義 / 54
  • 第四章 二祖三祖の事蹟 / 58
  • 一 二祖辨阿上人 / 58
  • 二 三祖然阿上人 / 63
  • 第五章 傳法の沿革 / 66
  • 一 宗祖の傳法 / 66
  • 二 二祖の傳法 / 72
  • 三 三祖の傳法 / 75
  • 第六章 布敎傳道 / 80
  • 一 京都及び畿内 / 82
  • 二 中國、四國、九州 / 86
  • 三 中部、關東、奧羽 / 87
  • 第二篇 持續期 / 93
  • 第一章 持續期に於ける佛敎文化の槪要 / 93
  • 第二章 三祖門下の六派 / 98
  • 一 藤田派 / 99
  • 二 名越派 / 101
  • 三 三條派 / 106
  • 四 一條派 / 108
  • 五 木幡派 / 110
  • 六 白籏派 / 112
  • 第三章 冏・酉二師の中興 / 118
  • 一 冏師の興業 / 118
  • 二 酉師の繼揚 / 123
  • 第四章 酉師以後の敎勢 / 125
  • 一 本山系の敎勢 / 125
  • 二 末山系の敎勢 / 129
  • 第五章 傳法の沿革 / 135
  • 一 冏師以前の傳法 / 135
  • 二 冏師以後の傳法 / 139
  • 三 道感二師の傳法 / 143
  • 第三篇 大成期 / 148
  • 第一章 大成期に於ける佛敎文化の槪要 / 148
  • 第二章 觀智國師の興業 / 153
  • 第三章 敎團制度の槪要 / 157
  • 一 法度並に制規 / 157
  • 二 宗政機關 / 167
  • 三 寺院並に住職 / 170
  • 四 宗侶養成 / 177
  • 第四章 敎學の狀勢 / 184
  • 第五章 傳法の沿革 / 198
  • 第六章 布敎傳道 / 203
  • 第七章 寺院の經濟的基礎の確立 / 215
  • 第八章 社會事業 / 229
  • 第四篇 革新期 / 237
  • 第一章 革新期に於ける佛敎文化の槪要 / 237
  • 第二章 敎團制度の革新 / 241
  • 第三章 敎學の發達 / 254
  • 第四章 傳法の沿革 / 268
  • 第五章 布敎傳道 / 276
  • 第六章 社會事業の發達 / 294
  • 結論 / 305
  • 附錄 / 1
  • 淨土宗略系譜 / 1
  • 淨土宗諸本山住持次第 / 6

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 概説浄土宗史
著作者等 恵谷 隆戒
書名ヨミ ガイセツ ジョウドシュウシ
出版元 仏教専門学校出版部
刊行年月 昭11
ページ数 320p 肖像
大きさ 22cm
NCID BN12063105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46047310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想