景気と貨幣 : 貨幣理論と景気理論

ヱフ・ア・ハイエク 著 ; 野口弘毅 訳

原タイトル: Monetary theory and the trade cycle,1933

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 著者序文 / 1
  • 譯者はしがき / 9
  • 第一章 景氣理論、景氣硏究、及び景氣對策 / 1
  • 第一節 事實の觀察と理論的說明との關係 / 1
  • 第二節 理論の證明としての統計の効用は消極的の意義に過ぎぬ / 6
  • 第三節 統計の任務は理論の應用範圍に在る總ての事象に關し正確なる統計資料を供することにある / 8
  • 第四節 景氣循環理論の主要なる類別は貨幣的理論と非貨幣的理論との二つである / 13
  • 第五節 本書硏究の主眼點 / 18
  • 第二章 非貨幣的景氣理論の缺陷 / 21
  • 第一節 總括的に是等の理論を論駁するは適當の分類なきが爲め困難である理由 / 21
  • 第二節 次の硏究問題選擇の規準 / 25
  • 第三節 生產の技術的條件を以て景氣循環を說明する理論 / 29
  • 第四節 前述の說明は物價機能の本質的作用を看過する / 33
  • 第五節 是等諸學說の假定する「與件」の變化に對して物價の反應する態樣に付て更に進んで硏究する所あらんとす / 38
  • 第六節 貯蓄と投資との關係より生ずる現象に關聯して景氣變動を說明せんとする理論 / 44
  • 第七節 心理說 / 47
  • 第八節 旣述の諸說は信用の變易性を前提して居る / 49
  • 第九節 貨幣的變化と他の與件の變化との根本的差異 / 53
  • 第十節 貨幣的攪亂の存在が前提せらるれば當然の歸結として靜態理論の論述する事象より如何に乖離せしめらるゝかの檢討 / 57
  • 第三章 現今の貨幣的景氣理論への動嚮とその缺點 / 61
  • 第一節 貨幣的景氣循環理論の主要任務 / 61
  • 第二節 貨幣的說明と一般物價水準の變化を論據と爲す說明との差違 / 65
  • 第三節 肝腎の問題は貨幣數量の變化が生產機構に及ぼす作用である / 68
  • 第四節 貨幣的原因に基く生產機構の變化は一般貨幣價値の變化とは本質的には關係がない / 74
  • 第五節 貨幣的景氣理論に對する批判の多くは此點に關する誤解に基く / 78
  • 第六節 個々の生產部門間の喰違のみが貨幣的變動の唯一の影響ではない / 84
  • 第七節 貨幣價値の變動に依存せざる凡ゆる貨幣的作用を考察することは重要なる非貨幣的理論を理解する途をも拓くことゝなる / 87
  • 第四章 循環的景氣變動發生の根本原因 / 91
  • 第一節 與件の變化は何が故に經濟組織をして均衡を失はしむるか / 91
  • 第二節 外生的貨幣理論及び内生的貨幣理論の並立と本書硏究問題との關係 / 94
  • 第三節 通貨數量增加の三方法の内景氣理論の最重要とするは銀行の附加信用創生である / 98
  • 第四節 單一銀行の信用創生の可能性と銀行組織全體の可能性との差別 / 101
  • 第五節 附加信用の事實上の起源 / 106
  • 第六節 銀行の恣意に信用を創生し得る可能性は實際には現金にて預け入れの預金と貸金に基く預金とを區別し得ぬとの理由にて反對がある / 110
  • 第七節 信用の需要增加に因由する信用膨脹の端緖 / 114
  • 第八節 信用膨脹の進行と其停止 / 119
  • 第九節 信用數量の伸縮性は景氣變動の十分なる原因である / 121
  • 第十節 景氣理論より觀たる上述の貨幣的影響の意義 / 127
  • 第十一節 景氣政策に對する影響 / 130
  • 第五章 今後硏究さるべき重要諸問題 / 135
  • 第一節 實質的通貨數量の變化は靜態理論の說く所とは異なる現象を必ず發生する / 135
  • 第二節 貸金利率構成の變化より頗る重要なる影響を生ずる、從てこれより幾多の肝要なる問題が現出する / 139
  • 第三節 自然利率の變動の意義 / 141
  • 第四節 自然利子若くは均衡利子の槪念 / 146
  • 第五節 自然利子と貸金利子との關係 / 149
  • 第六節 恐慌の一原因たる强制貯蓄 / 154
  • 第七節 貨幣市場及び資本市場に於ける利子問題 / 160
  • 第八節 統計硏究の任務 / 164
  • 附錄
  • 一 著者の序文(獨語版に於ける) / 171
  • 二 ハイエク敎授所說貨幣的景氣理論全班の梗槪 / 174
  • 三 英獨雜誌揭載ハイエク敎授主要四論文抄錄 / 178
  • 1 / 178
  • 2 / 197
  • 3 / 202
  • 4 / 208

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 景気と貨幣 : 貨幣理論と景気理論
著作者等 Hayek, Friedrich A. von
Hayek, Friedrich August von
野口 弘毅
ヱフ・ア・ハイエク
書名ヨミ ケイキ ト カヘイ : カヘイ リロン ト ケイキ リロン
書名別名 Monetary theory and the trade cycle,1933

Keiki to kahei
出版元 森山書店
刊行年月 昭和10
ページ数 214p 肖像
大きさ 23cm
NCID BN08185776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47031207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想