バーンズ詩集

中村為治 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • シャンタのタム / 9
  • 愉快な乞食 / 17
  • 萬聖節の前夜 / 29
  • 小屋住みの土曜日の晚 / 38
  • 聖祭 / 51
  • 二匹の犬 / 59
  • 憐れなるメーリイの死と其の臨終の言葉 / 70
  • 憐れなるメーリイの哀悼歌 / 75
  • 惡魔に與ふ / 77
  • 餘りに善なる人、言ひ換ふれば儼重に義なる人へ送る言葉 / 86
  • ウヰリイ上人の祈り / 92
  • 或る若き友への書簡 / 96
  • 冬の夜 / 102
  • スコットランドの酒 / 109
  • 老農夫が其の老牝馬マギイに與へる新年の挨拶 / 119
  • 鼠に寄す / 127
  • 人は悲むために造られた / 131
  • 山の雛菊に寄す / 137
  • 或る詩人の墓碑銘 / 139
  • 詩友デーヴィーへの書簡 / 140
  • 冬(哀悼歌) / 146
  • 死せんとする時の祈り / 147
  • 詩、オスワルド夫人の靈を祀る / 148
  • 傷いた兎が跛行を引いて私の傍らを通り過ぎるのを見て / 150
  • 或る田舍地主を詠める / 152
  • 或る學校敎師の墓碑銘 / 152
  • ウヰリアム ニコルの墓碑銘 / 153
  • 女房の尻に敷かれた田舍鄕士の墓碑銘 / 153
  • 我が父の墓碑銘 / 154
  • ジョン ブッシュビーの墓碑銘 / 155
  • ウォルター リデルの墓碑銘 / 155
  • ゲーヴィン ハミルトン樣の墓碑銘 / 156
  • 或る名高き有力なる長老の墓碑銘 / 157
  • ボグヘッドの地主ジェームズ グリーヴの墓碑銘 / 157
  • メーリイ モリソン / 158
  • 我が戀人は紅き薔薇 / 159
  • アフトンの流れ / 160
  • 行きて酒をば持ち來り / 162
  • ハイランドのメーリイ / 163
  • 天上のメーリイに / 165
  • 私のナニイ / 168
  • 我のナニイは此處になし / 170
  • 奇麗なドゥーンの花咲く堤 / 172
  • 何方よりも / 173
  • カイルに生れし男の子あり / 174
  • 藺草は綠にのびてゆく / 175
  • 何と言はうと、何やかやと / 176
  • 遠き昔 / 178
  • ワラスと血をば流せし者よ / 179
  • マクフェルソンの吿別 / 180
  • うろつきウヰリイ / 181
  • 派手な若者 / 182
  • 牝羊を集めよ / 183
  • ジョン アンダーソン私の戀人 / 184
  • アバフェルディーの樺林 / 185
  • あゝもしお前が寒風に吹き曝されてゐたならば / 187
  • 朝起きるのは / 189
  • 我が心はハイランドにあリ / 190
  • ダンカン グレー / 192
  • 冷たき貧 / 193
  • 大麥畑 / 195
  • 小暗き夜 / 196
  • ティビー、あのやうな日もあつた / 198
  • 僅かのもので滿足し / 201
  • 口笛吹いたら、行くよ、若者 / 203
  • 水車のメグ / 204
  • 愛し優しき戀人 / 205
  • 今や西風 / 206
  • ウヰリイ五升の酒釀し / 207
  • 昨夜私は酒飮めり / 208
  • 嬉しく陽氣 / 210
  • ものうき靄 / 211
  • あゝ私の戀人があの美しい紫丁香花であつたなら / 212
  • ジョン バーレコーン / 214
  • 我が父は農夫なりき / 217
  • ベシイと絲繰車 / 220
  • 私や持つてる私の妻を / 221
  • 花の土手の上 / 222
  • 或る夜我がさまよひ出でし時 / 224
  • ターボルトンの娘たち / 225
  • あれ、眞白な粉屋さん / 227
  • 私や奇麗な娘を愛した / 227

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 バーンズ詩集
著作者等 Burns, Robert
中村 為治
書名ヨミ バーンズ シシュウ
書名別名 Banzu shishu
シリーズ名 岩波文庫 ; 256-257
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和3
ページ数 229p
大きさ 16cm
全国書誌番号
47029455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想