島国の唄と踊

田辺尚雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 伊豆大島の民謠 / 1
  • 大島への旅 / 1
  • 岡田の手古踊 / 6
  • 隆達節と古謠 / 9
  • 村歌八幡崎と大島節 / 15
  • ガツシヤガシヤ節とさんこ節 / 20
  • 大島の音階 / 23
  • 元村への旅--島の女 / 24
  • 大島聯合靑年團發團式 / 27
  • 岡田村の唄と踊 / 30
  • 元村の村歌 / 32
  • 島主の舊邸と三原館 / 34
  • およねさんと「カンチヨロ」節 / 36
  • 三宅島及び神津島の唄 / 38
  • 歸路を急ぐ / 40
  • 佐渡の古樂舞 / 45
  • 佐渡にある樂舞の種類 / 45
  • 夷港へ / 46
  • 夷祭りの船唄 / 48
  • 佐渡甚句 / 50
  • 厄拂ひの謠ひ / 51
  • 夷より相川へ / 52
  • 相川の鑛山祭 / 53
  • 相川おけさ節 / 54
  • 鑛山節、一名やわらぎ / 58
  • 春駒の舞 / 63
  • 獅子鬼太皷 / 67
  • 文彌節と野呂間人形 / 71
  • 松坂と佐渡音頭 / 73
  • 盆踊と甚句踊 / 78
  • 小木のおけさ踊 / 93
  • 新町の農業唄 / 94
  • 古風の三番叟 / 99
  • 夷舞 / 102
  • 大黑舞 / 102
  • 小木の小鹿子踊 / 105
  • 佐渡追分踊と大津繪 / 108
  • 直江津より東京へ / 110
  • 樺太土人の音樂 / 113
  • 研究旅行の發端 / 113
  • 大泊より榮濱へ / 117
  • オコツク海の風浪 / 121
  • 極北の一小村敷香 / 124
  • ギリヤーク及びオロツコの音樂 / 127
  • オコツク海の突破 / 135
  • アイヌ部落の訪問 / 140
  • アイヌの舞踊 / 143
  • アイヌの歌謠 / 145
  • アイヌの樂器 / 148
  • 深夜の遭難 / 153
  • 最後の名殘を惜む / 159
  • 北海道より東京へ / 162
  • 大震災に於ける研究材料の不思議なる運命 / 166
  • 歌と踊の國--琉球 / 169
  • 琉球音樂硏究の必要 / 169
  • 暴風に漂ふ大島の沿岸 / 172
  • 眼を驚かす宏壯なる墓 / 176
  • 琉球の踊り / 179
  • 首里城の音樂會 / 184
  • 那覇の歡迎舞踊會 / 195
  • 琉球音樂調查會 / 199
  • 名優の演伎 / 203
  • 寫眞を恐れる迷信 / 206
  • 宮古島の一日 / 208
  • 繪の如き仙島 / 213
  • 天下に誇る八重山の民謠 / 216
  • 雄大なるジラバの二重唱 / 221
  • 臺灣蕃人の音樂と踊 / 225
  • 基隆へ / 225
  • 日本亭の舞踊 / 227
  • 臺灣音樂演奏會 / 230
  • 蕃地への旅 / 237
  • 生蕃の第一印象 / 242
  • パーラン社 / 245
  • ハツク蕃の乙女 / 248
  • 蕃童學校と酋長の家 / 250
  • パーラン社蕃人の唄と踊 / 253
  • 首切りと首切笛 / 256
  • 埔里社と日月潭 / 259
  • 石印化蕃の唄と杵の樂 / 261
  • 極南のライ社に向ふ / 264
  • ライ社蕃人の音樂と踊 / 268
  • 酋長の家と蕃童敎育所の唱歌 / 270
  • 蕃界を辭して歸路につく / 272

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 島国の唄と踊
著作者等 田辺 尚雄
書名ヨミ シマグニ ノ ウタ ト オドリ
書名別名 Shimaguni no uta to odori
シリーズ名 日本民俗叢書 ; [第5]
出版元 磯部甲陽堂
刊行年月 昭和2
ページ数 274p
大きさ 20cm
NCID BA37303229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47026073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想