モンテーヌ随筆集  上巻

高橋五郎, 栗原古城 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 例言 / 1-2
  • 英譯者緖言 / 1-3
  • モンテーヌ小傳 / 1-13
  • 著者から讀者へ / 1-2
  • 第一編
  • 第一章 人々は雜多の方法を以て、同一の目的に到達する者なる事を論ず / 1
  • 第二章 悲哀について / 10
  • 第三章 吾人の感情は現在を踰えて遠き將來にまで及ぶ / 17
  • 第四章 人は、眞物を獲難き場合には、俗物を求めて其情熱を放射せしむる者なることを論ず / 31
  • 第五章 被攻圍地の守將は自ら出て停戰を商議すべき者なるや否や / 36
  • 第六章 談判の時間は危險なる事 / 41
  • 第七章 意向が行爲の審判者なる事を論ず / 46
  • 第八章 遊惰について / 49
  • 第九章 虛言について / 51
  • 第十章 機敏な辯舌と緩漫な辯舌について / 62
  • 第十一章 吉徵凶徵及び托宣 / 67
  • 第十二章 堅忍或は果斷について / 75
  • 第十三章 王侯會見の禮式 / 80
  • 第十四章 人々は理に於て防守されぬ城寨の防守に頑强なる爲めに正當の罰を蒙むる事 / 83
  • 第十五章 怯懦を罰する事について / 86
  • 第十六章 或る外國使臣の行動 / 89
  • 第十七章 恐怖について / 95
  • 第十八章 人は死後に至らざれば其の眞の幸不幸を判定し難きものなることを論ず / 100
  • 第十九章 哲學を學ぶは死する事を學ぶなり / 107
  • 第二十章 想像の力について / 138
  • 第二十一章 甲の利は乙の害なる事 / 149
  • 第二十二章 習慣について-又慣行容易に變ず可らずと云ふ事 / 151
  • 第二十三章 異曲同工 / 182
  • 第二十四章 衒識について / 200
  • 第二十五章 小兒の敎育についてグルソンの伯爵夫人に與ふ / 223
  • 第二十六章 人間の能力を以つてして濫りに眞僞を測定するの愚なる事を論ず / 291
  • 第二十七章 友情について / 299
  • 第二十八章 情歌二十九編(エチエン・ド・ラ・ボエーチー作)ギュイセン伯爵夫人グラモン殿へ / 323
  • 第二十九章 節制について / 325
  • 第三十章 食人蠻について / 336
  • 第三十一章 天命を忖度するには大なる謹愼を要すべきことを論ず / 359
  • 第三十二章 命に懸けても快樂は避くべしと云ふ事 / 363
  • 第三十三章 運命は往々道理に依て致さるゝものなること / 366
  • 第三十四章 我政治上の一缺點について / 373
  • 第三十五章 着衣の習慣について / 376
  • 第三十六章 少カトウについて / 383
  • 第三十七章 人は同一事物につきて、或は喜び、或は歎くものなることを論ず / 391
  • 第三十八章 幽寂について / 397
  • 第三十九章 シセロを論ず / 419
  • 第四十章 善惡の味覺は主として我等の意見に本づく / 430
  • 第四十一章 人は自分の名譽を讓るを肯ぜず / 470
  • 第四十二章 人間社會に於ける不平等について / 475
  • 第四十三章 禁奢律(過差の制)について / 493
  • 第四十四章 睡眠について / 498
  • 第四十五章 ドルウの戰鬪について / 503
  • 第四十六章 姓名について / 506
  • 第四十七章 吾人が批判の杜撰なる事について / 516
  • 第四十八章 軍馬或は戰馬について / 530
  • 第四十九章 古代の習慣について / 548
  • 第五十章 デモクリタスとヘラクリタス-笑哲と泣哲-について / 556
  • 第五十一章 言語の虛榮について / 564
  • 第五十二章 古人の儉素について / 571
  • 第五十三章 シーザルの語について / 574
  • 第五十四章 虛辯について / 577
  • 第五十五章 香臭について / 584
  • 第五十六章 祈禱について / 588
  • 第五十七章 老齡について / 605
  • 第二編
  • 第一章 吾人の行爲の操守無きことを論ず / 611
  • 第二章 醉酒を論ず / 625
  • 第三章 セイの島の一風俗 / 645
  • 第四章 明日は新らしい日 / 674
  • 第五章 良心について / 679
  • 第六章 習練は完全を齎らすことを論ず / 686
  • 第七章 名譽の報償について / 705
  • 第八章 父が其の子女に對する愛情について(デスチサック夫人に與ふ) / 713
  • 第九章 パルテア人の武器について / 753

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 モンテーヌ随筆集
著作者等 Montaigne, Michel de
栗原 古城
高橋 五郎
書名ヨミ モンテーヌ ズイヒツシュウ
シリーズ名 世界名作大観 ; 各国篇 第12,13巻
巻冊次 上巻
出版元 国民文庫刊行会
刊行年月 昭和2-3
版表示 再版
ページ数 2冊
大きさ 20cm
NCID BN09896000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47024712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想