構図の研究

黒田重太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 總說=繪畫の形式より見たる"Composition"の意義 / 2
  • コムポジシヨンの意義
  • 構圖と構想
  • 構想と主題
  • 繪畫に於ける主題
  • 主題の價値とその意義
  • 眞實な主題
  • 構圖に於ける布局の意義
  • 作品の機構
  • 構圖に於ける中心的意義
  • 造形的方式
  • 造形的感動
  • 造形的感動の表示と幾何學
  • 幾何學的準據
  • 繪畫に於ける幾何學の價値
  • 幾何
  • 學的根據と繪畫の表現
  • 自然の組織とその外貌
  • 構圖の品質
  • 全體的効果
  • 明晰
  • 『明晰』と意想
  • 統一
  • 全體と部分
  • 變化
  • 複雜中の統一
  • 構圖に於ける法則と方法
  • 歷史的一瞥
  • 法則の不變
  • 奮い法則と新しい創作
  • 二 畫面と形との關係 / 25
  • 畫面
  • 畫面の比例
  • フオルマ
  • 形と線
  • 直線と曲線
  • 規則的な線と不規則的な線
  • 外部形と內部形
  • 構圖に於ける『形』の意味
  • 畫面の比例と形との關係
  • 形に對する畫面の影響
  • 畫面に對する形の影響
  • 形に對する我々の知覺
  • 形に於ける知覺的偏差(錯覺)
  • ヱネルギイ消費の量と視象の大きさとの關係
  • 錯覺に於ける特殊率
  • 『纏まつた形』を置く
  • 畫面の契機
  • 構圖に於ける基礎構成
  • 三 基礎構成 / 42
  • 作品の機構と基礎構成
  • 基礎構成と畫面の限界
  • 畫面の各邊と對角線
  • 對角線より見出される基礎構成
  • 集合法
  • 主線と補線
  • 集合法の實例
  • 集合法の變形とそれ等の實例
  • 放散法
  • 放散法の實例(橫長の畫面)
  • 放散法の實例(立長の畫面)
  • 平行法(斜向)
  • 平行法の實例(橫長の畫面)
  • 平行法の實例(立長の畫面)
  • 垂直平行法
  • 垂直平行法の實例(橫長の畫面)
  • 垂直平行法の補線として用ゐられる斜線
  • 加線
  • 垂直平行法の實例(立長の畫面)
  • 四 基礎構成(續) / 65
  • 菱形
  • 菱形構成法の實例
  • 變形菱形構成法の實例
  • 多角形構成法
  • 六角形
  • 六角形構成法の實例
  • ソロモンの印壐(星形六角形)
  • 星形六角形構成法の實例
  • 八角形と星形八角形
  • 八角形構成法の實例
  • 星形八角形構成法の實例
  • 垂直水平法
  • 垂直水平法の實例
  • 垂直水平法に於ける補線(若しくは加線)
  • 垂直水平法に於ける變形とその實例
  • 側開法
  • 左開と右開
  • 側開法の實例(左開の一)
  • 側開法の實例(左開の二)
  • 側開法の實例(右開)
  • 直線形構成法に於ける加線としての曲線
  • 電光形
  • 電光形構成法の實例(立長の畫面)
  • 電光形構成法の實例(橫長の畫面)
  • 電光形構成法に於ける加線
  • 構成法に於ける曲線の意義
  • 直線形の構圖と曲線形の構圖
  • 曲線形構圖の種々
  • 穹窿形構成法の實例
  • 倒置穹窿形構成法の實例
  • 部分的穹窿形と側開的穹窿形構成法に於ける實例
  • 反覆的穹窿形構成法の實例
  • 五 構圖に於ける形の效果 / 102
  • 形の諧調
  • 權衡
  • 正三角形權衡法とその實例
  • 正方形權衡法(諧調の門)
  • 『諧調の門』の實例(一)
  • 『諧調の門』の實例(二)
  • 正三角形權衡法と『諧調の門』との併用、及びその實例
  • 正五角形權衡法(黃金截)
  • フイボナツチ級數
  • 『黃金截』の實例
  • 均衡
  • 構圖に於ける左右双稱の意義
  • 等値物に依る左右双稱(融律)
  • 均衡の實例
  • 對照
  • 量の比較とその實例
  • 質の比較とその實例(一)
  • 質の比較とその實例(二)
  • 質の比較とその實例(三)
  • 量と質との比較、及びその實例
  • 曲線形の畫面に於ける構圖
  • 楕圓形の畫面に於ける構圖の實例
  • 照應
  • 照應の實例(一)
  • 照應の實例(二)
  • 照應に於ける反覆と律動、及びその實例
  • 六 構圖に於ける明暗の效果 / 131
  • 形のあらはれに於ける明暗及び色彩の影響
  • 明暗の配置
  • 形に及ぼされる明暗の影響
  • 『發光』の現象
  • 畫面の統一と明暗の效果
  • 『葡萄房』
  • 明部と暗部
  • 構圖に於ける明暗の四要素
  • 明暗配置の方法の種々
  • より大きな暗部を以てより小さな明部に對照するもの、第一例
  • より大きな暗部を以てより小さな明部に對照するもの、第二例
  • より大きな暗部を以てより小さな明部に對照するもの、第三例
  • より大きな暗部を以てより小さな明部に對照するもの、第四例
  • より大きな暗部を以てより小さな明部に對照するもの、第五例
  • 明暗配置の量的關係
  • より大きな明部を以てより小さな暗部に對照するもの、第一例
  • より大きな明部を以てより小さな暗部に對照するもの、第二例
  • より大きな明部を以てより小さな暗部に對照するもの、第三例
  • 明暗の照應
  • 明部と暗部との對照を反覆するもの、第一例

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 構図の研究
著作者等 黒田 重太郎
書名ヨミ コウズ ノ ケンキュウ
書名別名 Kozu no kenkyu
出版元 日本美術学院
刊行年月 昭和8
版表示 改稿
ページ数 217p 図版52枚
大きさ 18cm
NCID BA8571061X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47022992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想