国民の日本史  第2篇

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 時代の囘轉と其動力
  • 第一節 首都の移動と固定 / 1
  • 第二節 貴族の出現と其勢力抗爭 / 18
  • 第三節 地方貴族の勃興と叛亂 / 34
  • 第四節 朝鮮半島との政治的關係 / 40
  • 第五節 任那の滅亡と其興復運動 / 60
  • 第二章 佛敎文化の浸潤
  • 第一節 佛敎の起原と其弘通 / 75
  • 第二節 佛敎の輸入 / 88
  • 第三節 保守派と進步派との衡突 / 95
  • 第四節 佛寺の建築 / 105
  • 第五節 制度の設定 / 122
  • 第六節 支那との國際關係 / 130
  • 第七節 異種族との交涉 / 139
  • 第八節 時代の代表聖德太子 / 145
  • 第三章 政治體式の改變
  • 第一節 氏族制度の弊竇 / 158
  • 第二節 大化の改新 / 173
  • 第三節 民衆生活の大觀 / 187
  • 第四節 東北地方の開拓 / 205
  • 第五節 大陸諸國の狀勢 / 214
  • 第六節 日本の島國化 / 228
  • 第七節 天智天皇と其政治的位地 / 235
  • 第八節 壬申の亂 / 246
  • 第四章 社會組織の改造
  • 第一節 天武天皇と其功業 / 256
  • 第二節 藤原宮の二元首と其政治 / 268
  • 第三節 大寶の律命 / 280
  • 第四節 系統づけられた政府組織 / 290
  • 第五節 財政上の一大跳躍 / 298
  • 第六節 新勢力の興起 / 309
  • 第五章 飛鳥時代の文化現象
  • 第一節 文化接觸圈と時代の文化 / 316
  • 第二節 建築術の進步 / 331
  • 第三節 繪畫と其系統 / 353
  • 第四節 彫刻の高潮 / 362
  • 第五節 時代藝術の象徵としての「飛鳥文樣」 / 375
  • 第六節 科學界に於ける一大活躍 / 389
  • 第七節 曆術-科學進步の象徵 / 396
  • 第六章 寧樂時代初期の社會相
  • 第一節 平城奠都 / 412
  • 第二節 貨幣の鑄造 / 430
  • 第三節 文化的香氣ある行政 / 438
  • 第四節 脫走者の續出 / 451
  • 第五節 民衆生活の外線 / 459
  • 第六節 社會の裏面に漂へる黑影 / 473
  • 第七節 異種族同化運動 / 485
  • 第七章 佛敎國家の建設
  • 第一節 宗敎思想の變遷と其指導者 / 494
  • 第二節 聖武天皇と光明皇后 / 510
  • 第三節 國分寺の建立 / 529
  • 第四節 東大寺大佛 / 538
  • 第五節 多賀城と東北經營 / 554
  • 第六節 軍隊編制と國防 / 564
  • 第七節 學術獎勵と遣唐使 / 578
  • 第八章 寧樂藝術の內包及び外延
  • 第一節 繪畫と時代精神 / 595
  • 第二節 彫刻の發達 / 610
  • 第三節 建築樣式の變化 / 618
  • 第四節 寧樂藝術の象徵としての音樂と舞踊 / 632
  • 第五節 自意識に富める文學 / 654
  • 第九章 時代末の墮落齣
  • 第一節 女性主權と宮中の腐敗 / 667
  • 第二節 惠美押勝の專權 / 679
  • 第三節 僧道鏡の野心 / 692
  • 第四節 歡樂的な現實生活 / 709
  • 第五節 財政經濟上の危機 / 721
  • 第六節 光仁天皇の時弊匡正 / 741

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国民の日本史
書名ヨミ コクミン ノ ニホンシ
巻冊次 第2篇
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 昭和7
ページ数 2冊
大きさ 20cm
全国書誌番号
46088056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想