改正工場法論

吉阪俊蔵 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 工場法の意義及本質 / 1
  • 第二章 工場法制定の沿革 / 9
  • 第一節 外國に於ける沿革 / 9
  • 第二節 我國に於ける沿革 / 15
  • 第三章 工場法の體系 / 21
  • 第四章 工場法適用範圍 / 29
  • 第一節 工場の意義 / 29
  • 第二節 工場法適用の標準 / 33
  • 第五章 少年及女子の保護 / 57
  • 第一節 總說 / 57
  • 第一款 少年の保護 / 57
  • 第二款 女子の保護 / 64
  • 第二節 傭使最低年齡 / 71
  • 第三節 時間制限 / 83
  • 第一款 勞働時間制限の根據 / 83
  • 第二款 工場法の規定 / 91
  • 第四節 休日及び休憩時間 / 100
  • 第一款 休日 / 100
  • 第二款 休憇時間 / 103
  • 第五節 夜業 / 105
  • 第六節 業務制限 / 114
  • 第六章 母性及病者の保護 / 121
  • 第一節 母性保護 / 121
  • 第二節 病者保護 / 127
  • 第七章 操業保護 / 131
  • 第一節 總說 / 131
  • 第二節 黃燐燐寸製造禁止 / 143
  • 第三節 傷病及災害の報告 / 145
  • 第八章 扶助 / 147
  • 第一節 賠償制度の發逹 / 147
  • 第二節 業務災害の意義 / 153
  • 第三節 扶助の種類 / 161
  • 第四節 扶助金額算出方法 / 170
  • 第五節 抄助義務の免除 / 177
  • 第一款 扶助と健康保險給付との關係 / 177
  • 第二款 打切扶助料の支給 / 181
  • 第三款 除斥期間の滿了 / 181
  • 第四款 勞働者の重大過失 / 183
  • 第六節 民法に依る損害賠償との關係 / 185
  • 第七節 官立工場に於ける職工の扶助 / 187
  • 各國災害保險[賠]償制度一覽 / 190
  • 第九章 契約保護 / 201
  • 第一節 募集周旋の取締 / 202
  • 第二節 賃金保護 / 207
  • 第三節 貯蓄金保護 / 215
  • 第四節 就業規則 / 218
  • 第一款 總說 / 218
  • 第二款 就業規則の制定强制 / 221
  • 第三款 就業規則の制定手續 / 222
  • 第四款 就業規則の記載事項 / 226
  • 第五款 就業規則の公示 / 232
  • 第六款 就業規則に對する行政監督 / 233
  • 第五節 解雇 / 234
  • 第一款 歸鄕旅費 / 235
  • 第二款 解雇制限 / 238
  • 第三款 雇傭證明書 / 245
  • 第六節 職工名簿 / 247
  • 第七節 徒弟 / 249
  • 第十章 監督及び制裁 / 257
  • 第一節 工場監督機關 / 257
  • 第二節 工場管理人 / 262
  • 第三節 戶籍證明 / 265
  • 第四節 行政處分に對する救濟 / 268
  • 第五節 罰則 / 271
  • 附錄
  • 新舊對照工場法
  • 一 工場法 / 1
  • 二 工場法施行令 / 7
  • 三 工場法施行規則 / 22
  • 工場法施行細則
  • 警視廳 / 39
  • 大阪府 / 51
  • 兵庫縣 / 55
  • 愛知縣 / 65
  • 長野縣 / 69
  • 【略語】
  • 「法」工場法
  • 「令」工場法施行令
  • 「規」工場法施行規則
  • 「健保法」健康保險法
  • 因に論述中「地方長官」とあるは東京府に於ては警視總監を謂ふ

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 改正工場法論
著作者等 吉阪 俊蔵
書名ヨミ カイセイ コウジョウホウ ロン
書名別名 Kaisei kojoho ron
出版元 大東出版社
刊行年月 昭和元
ページ数 274, 85p
大きさ 23cm
NCID BN05726100
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46089001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想