大礼記録

警視庁文書課 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 大禮の槪況 / 1
  • 第一章 大禮の由來及大禮諸儀の梗槪 / 1
  • 第一節 槪說 / 1
  • 第二節 大禮の意義と國體自然の發露 / 2
  • 第二章 大禮使 / 19
  • 第一節 總說 / 19
  • 第二節 大禮使官制及庶務規程 / 19
  • 第三節 大禮使總裁及職員 / 20
  • 第四節 令旨訓示及挨拶 / 24
  • 第三章 大禮と帝國議會東京府會東京市會 / 25
  • 第一節 帝國議會 / 25
  • 第二節 東京府會 / 26
  • 第三節 東京市會 / 26
  • 第四章 大禮及大禮と一般官民 / 26
  • 第一節 總說 / 26
  • 第二節 大禮諸儀期日及大禮に關する休日 / 27
  • 第三節 卽位禮當日賜はりたる勅語及内閣總理大臣の奏したる壽詞 / 28
  • 第四節 諸儀參列及奉祝 / 29
  • 第五節 地方饗饌 / 35
  • 第六節 大禮京都行幸啓當日に於ける東京市内の槪況 / 38
  • 第七節 大禮京都市内の槪況 / 38
  • 第八節 大禮京都行幸啓より東京還幸啓迄の間に於ける東京市内の槪況 / 38
  • 第九節 大禮多摩陵親謁 / 40
  • 第十節 大禮觀兵式 / 40
  • 第十一節 大禮觀艦式 / 40
  • 第十二節 大禮東京市奉祝會 / 41
  • 第十三節 海外に於ける大禮奉祝 / 42
  • 第五章 行賞恩赦及惠恤 / 43
  • 第一節 行賞 / 43
  • 第二節 恩赦 / 44
  • 第三節 惠恤 / 44
  • 第二篇 大禮に關する警視廰の任務 / 46
  • 第一章 總說 / 46
  • 第一節 槪說 / 46
  • 第二節 警視廰大禮事務庶務規程及大禮事務職員 / 47
  • 第三節 警視總監の訓示 / 49
  • 第四節 大禮に關する警察署長會議 / 49
  • 第五節 大禮に關する内務大臣の訓令 / 53
  • 第二章 警衞の綱領 / 55
  • 第一節 總說 / 55
  • 第二節 警衞計畫 / 74
  • 第三章 警衞實施の狀況 / 178
  • 第一節 京都行幸啓 / 178
  • 第二節 東京還幸啓 / 179
  • 第三節 大禮多摩陵行幸啓 / 179
  • 第四節 大禮觀兵式行幸 / 180
  • 第五節 大禮觀艦式行幸 / 181
  • 第六節 大禮東京市奉祝會行幸啓 / 182
  • 第七節 國務大臣及同禮遇者の警護 / 184
  • 第八節 鹵簿及汽車内警衞員 / 186
  • 第四章 電信電話 / 187
  • 第一節 總說 / 187
  • 第二節 臨時電話架設の計畫 / 188
  • 第三節 臨時電話架設の實施 / 190
  • 第四節 保守竝撤去 / 191
  • 第五章 大禮に關する一般勤務及管内警備 / 192
  • 第一節 大禮に關する一般勤務 / 192
  • 第二節 各警察署殘留員及其の勤務竝在鄕軍人との連絡 / 203
  • 第三節 非常警戒隊の編成 / 208
  • 第四節 大禮東京市奉祝會に關し御道筋附近の視察及檢索 / 209
  • 第五節 警備保助團體 / 210
  • 第六章 各大隊長の施設及警衞上將來參考となるべき事項 / 214
  • 第一節 大隊長の施設 / 214
  • 第二節 警衞上將來參考となるべき事項 / 214
  • 第七章 奉拜團體竝一般奉拜者取扱方針及其の實施 / 215
  • 第一節 總說 / 215
  • 第二節 取扱計畫 / 216
  • 第三節 奉拜團體取扱の狀況 / 257
  • 第八章 新聞通信及寫眞 / 271
  • 第一節 計畫の綱領 / 271
  • 第二節 新聞通信記者會同 / 277
  • 第三節 新聞通信記者取扱 / 285
  • 第四節 寫眞撮影者取扱 / 294
  • 第五節 各行幸啓當日に於ける寫眞撮影者の取扱 / 299
  • 第六節 警衞當日に於ける取締狀況及司令部寫眞班員 / 304
  • 第七節 大禮京都還幸啓に際し其の模樣を「ラヂオ」放送に關する取扱 / 306
  • 第九章 京都府三重及奈良縣下に派遣したる本廳警察官 / 309
  • 第一節 槪說 / 309
  • 第二節 派遣計畫 / 309
  • 第三節 派遣員の訓練 / 313
  • 第四節 派遣員に對する健康診斷及豫防注射 / 315
  • 第五節 派遣員の輸送 / 316
  • 第六節 派遣員の服裝及服務 / 318
  • 第七節 派遣員の宿舍及旅費 / 318
  • 第八節 派遣員に對する犒勞 / 318
  • 第十章 犯罪豫防及要警戒者の取締 / 319
  • 第一節 總說 / 319
  • 第二節 一般犯罪豫防及要警戒者の取締 / 319
  • 第三節 囚人刑事被告人及被疑者の取扱 / 325
  • 第四節 刑事移動警察 / 326
  • 第五節 刑事部私服大隊 / 328
  • 第六節 刑事參考諸表 / 329
  • 第十一章 一般保安施設 / 333
  • 第一節 總說 / 333
  • 第二節 安寧及風紀 / 338
  • 第三節 交通 / 361
  • 第四節 工場 / 373
  • 第五節 建築物の取締 / 381
  • 第六節 大禮終了に關し保安部員に對する訓示 / 384
  • 第七節 保安部内に於ける大典記念事業 / 385
  • 第十二章 一般衞生施設 / 386
  • 第一節 綱領 / 386
  • 第二節 衞生施設 / 400
  • 第三節 傷病者救護 / 404
  • 第四節 精神病者及精神病院に關する施設 / 416
  • 第五節 慢性傳染病に對する施設 / 417
  • 第六節 防疫計畫及施設 / 423
  • 第七節 獸肉牛乳 / 428
  • 第八節 家畜傳染病狂犬病 / 429
  • 第十三章 警火消防 / 432
  • 第一節 警備計畫 / 432
  • 第二節 警備實施の狀況 / 458
  • 第三節 消防機械消火栓及火災報知機等 / 461
  • 第四節 大禮記念表彰 / 469
  • 第十四章 會計經理 / 471
  • 第一節 會計規程 / 471
  • 第二節 事務分掌 / 474
  • 第三節 豫算 / 475
  • 第四節 支拂 / 481
  • 第五節 決算 / 483
  • 第六節 警務部配當豫算及其の運用の狀況 / 483
  • 第七節 警衞警備施設 / 486
  • 第八節 大禮費に關する證憑書類物品檢查狀況 / 520
  • 第十五章 記錄編纂 / 521
  • 第一節 槪說 / 521
  • 第二節 資料の蒐集 / 521
  • 第三節 編纂の經過 / 524
  • 第十六章 大禮事務の終了 / 527
  • 第一節 內務大臣の感狀 / 527
  • 第二節 大禮使官制の廢止 / 527
  • 第三節 警視廰大禮事務庶務規程の廢止 / 528
  • 附錄 警視廰職員の寫眞及名簿

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大礼記録
著作者等 警視庁
警視庁文書課
書名ヨミ タイレイ キロク
出版元 警視庁総監官房文書課
刊行年月 昭和4
ページ数 528, 70p 図版
大きさ 27cm
全国書誌番号
47008105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想