日本山岳順礼

北尾鐐之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 高きに登る心 / 1
  • 山を作る力 / 12
  • 山を削る力 / 18
  • 湖沼の色 / 26
  • 山を呼ぶ言葉 / 30
  • 山の高度 / 37
  • 氣界の高さ / 37
  • 高山の威嚇 / 43
  • 山と氣象 / 51
  • 固い雪、軟かい雪 / 51
  • 雪に起る危險 / 55
  • 「カンヂキ」と「スキー」 / 59
  • 雪と霧の幻影 / 70
  • 風と雨の慘虐 / 82
  • 天氣を占ふ言葉 / 99
  • 高層氣象の觀測 / 104
  • 山を彩る植物 / 115
  • 植物の分布帶 / 115
  • 毒になる草、藥になる草 / 129
  • 植物と傳說 / 133
  • 山で見る動物 / 143
  • 火山と溫泉群 / 160
  • 山案内と山小屋 / 167
  • 良案内者の俤 / 167
  • 登山案内組合 / 176
  • 山小屋のいろ[イロ] / 183
  • 天幕露營と國有林 / 200
  • 山中の露營 / 208
  • 役行者以後 / 213
  • 登山と携帶品 / 222
  • 寫眞機 / 228
  • 岩登り / 234
  • 地圖の見方 / 248
  • 地圖の種類
  • 基線測量
  • 三角測量
  • 水準測量
  • 標石の建設
  • 地形圖の作成
  • 山に行く人達よ
  • 山岳雜記 / 279
  • 山の名稱 / 279
  • 山岳の保護 / 284
  • 山の傳説 / 291
  • 日本アルプス北部に入る道 / 295
  • A 針ノ木峠、白馬岳縱走 / 297
  • B 屏風連嶺縱走 / 299
  • C 針ノ木、烏帽子、槍ケ岳縱走 / 300
  • D 烏帽子、槍ケ岳 / 301
  • E 燕岳、槍ケ岳(常念縱走) / 303
  • F 槍、穗高縱走 / 304
  • G 上高地、乘鞍方面 / 304
  • H 常念岳、蝶ケ岳方面 / 305
  • I 高瀨溪谷方面 / 307
  • J 針ノ木、立山方面 / 307
  • K 立山、白馬、越中、越後口 / 309
  • L 白馬岳方面 / 311
  • 日本アルプス南部に入る道 / 313
  • A 赤石岳 / 313
  • B 釜無、白峰、東駒ケ岳 / 317
  • C 東駒、仙丈岳 / 319
  • D 西駒ケ岳 / 319
  • 富士山 / 325
  • N氏の話 / 325
  • 雪中登山記 / 331
  • 登山の記錄 / 354
  • 裾野の周圍 / 364
  • 常念山脈縱走 / 372
  • 阿房越の燒岳 / 401
  • 白馬岳を中心として / 416
  • 北城村より / 425
  • 八ケ岳連峰 / 430

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本山岳順礼
著作者等 北尾 鐐之助
書名ヨミ ニホン サンガク ジュンレイ
出版元 創元社
刊行年月 昭和2
ページ数 776p
大きさ 17cm
NCID BN11360626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47014022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想